<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 統合医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   井上 真郷
   平澤 明
准教授:
   赤川 浩之
助教:
   東 剣虹
   樋口 清香
   藤田 俊之
■ 概要
統合医科学研究所について
東京女子医科大学統合医科学研究所は、東京女子医科大学が文部科学省の戦略的研究拠点育成プログラムによって支援を受けた国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)の2005年~2010年の事業を継承して、そのコンセプトをさらに発展させることを目指して、2010年4月に設立されました。
東京女子医科大学は、多くの外来および入院患者を診療する日本有数のメディカルセンターであります。本学のスタッフの日頃の献身的な活動が、この診療実績となって蓄積されてきたと言えます。研究所は、本学が培ってきた臨床的な知恵を基礎医学的な手法を用いて、新たな科学的な知見を引き出し、再び、診療に役立てるというアプローチを推進して行きたいと考えています。すなわち、疾患をゲノム情報という観点から見る事で、ゲノム上の変異による生体機能の変化を発症の頻度や治療薬に対する反応性などの情報に変換します。遺伝子型が明らかになった疾患に関しては、それがどのように実際の症状や薬剤応答性に繋がっているのかというメカニズムの解析を行います。このような研究成果が将来の医療の中で、予防・診断・治療に貢献できることを期待しています。
このような研究を実現するために、学内・学外の関連組織と強力な連携体制を構築しつつ、研究を行います。研究所には、2つの部門があり、専任・兼任研究員で構成される研究部門と、学内外のサンプルを受託して、次世代シーケンサー等による実験的およびバイオインフォマティクス解析を行った後に、依頼者に分かり易いデータを提供する解析サービス部門です。
医学の中で、遺伝子情報が一層重要な位置付けを持ちつつありますので、このような研究を推進できる人材を、大学院統合医科学分野を核として推進し、同時に医学部教育への参加によって、将来の医師が遺伝子医学についての高い理解を持つことができるように教育活動にも尽力いたします。若手研究者の積極的な参加を歓迎いたします。

ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 5  0 1 0 0  1 9  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ARIMURA Ken, TAGAYA Etsuko, AKAGAWA Hiroyuki, NAGASHIMA Yoji, SHIMIZU Satoru, ATSUMI Yoshihide, SATO Akitoshi, KANZAKI Masato, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, Pierre P. Massion, TAMAOKI Jun:  Cryobiopsy with endobronchial ultrasonography using a guide sheath for peripheral pulmonary lesions and DNA analysis by next generation sequencing and rapid on-site evaluation.  Respiratory investigation  57 (2) :150-156 , 2019.3
2. Nomura Shunsuke, Akagawa Hiroyuki, Yamaguchi Koji, Ishikawa Tatsuya, Kawashima Akitsugu, Kasuya Hidetoshi, Mukawa Maki, Nariai Tadashi, Maehara Taketoshi, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu:  Rare and low-frequency variants in RNF213 confer susceptibility to moyamoya syndrome associated with hyperthyroidism.  World neurosurgery  :in press , 2019.3
3. Chida-Nagai Ayako, Shintani Masaki, Sato Hiroki, Nakayama Tomotaka, Nii Masaki, Akagawa Hiroyuki, Furukawa Toru, Rana Amer, Furutani Yoshiyuki, Inai Kei, Nonoyama Shigeaki, Nakanishi Toshio:  Role of BRCA1-associated protein (BRAP) variant in childhood pulmonary arterial hypertension.  PloS one  14 (1) :e0211450 , 2019.1
症例報告
1. Akagawa H, Onda H, Nomura S, Shinohara T, Kasuya H:  A case of delayed-onset hereditary hemorrhagic telangiectasia with a frameshift ENG mutation.  Neurology India  67 (1) :312-324 , 2019.3
2. Nomura Shunsuke, Kawashima Akitsugu, Akagawa Hiroyuki, Kawamata Takakazu:  Letter to the Editor. Influence of rare RNF213 variants other than p.R4810K on the clinical outcomes of moyamoya disease.  Journal of neurosurgery  129 (2) :563-565 , 2018.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 赤川 浩之:  【日常診療でよく目にする脳外科疾患(II)】 脳神経外科領域の遺伝子診断.  医学と薬学  1393-1400.  (株)自然科学社,  東京, 2018.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hiroyuki Akagawa: Exome sequencing identified CCER2 as a novel candidate gene for Moyamoya disease.  5th International Moyamoya Meeting (IMM 2018),  Seoul,  2018/07
2. ◎黒井康博, 赤川浩之, 菊池麻美, 前川達哉, 米山琢, 恩田英明, 糟谷英俊: 特発性家族性脳石灰化症に合併する脳梗塞の病態.  Stroke2019第44回日本脳卒中学会学術総会,  横浜,  2019/03
3. ◎成相直, 武川麻紀, 玉田なつみ, 森山久瑠美, 糟谷英俊, 赤川浩之: もやもや病の遺伝子多型と病態との関連性の検討-小児期発症例、成人発症例、一卵性双生児における検討.  Stroke2019第44回日本脳卒中学会学術総会,  横浜,  2019/03
4. ◎赤川浩之, 野村俊介, Boris Krischek, 武川麻紀, 前原健寿, 成相直, 糟谷英俊, 川俣貴一: もやもや病・もやもや症候群の遺伝子解析.  Stroke2019第44回日本脳卒中学会学術総会,  横浜,  2019/03
5. ◎野村俊介, 山口浩司, 赤川浩之, 川島明次, 茂木陽介, 石川達也, 藍原康雄, 斎藤太一, 岡田芳和, 川俣貴一: RNF213 p.R4810K遺伝子型のもやもや病長期成績への影響.  Stroke2019第48回日本脳卒中の外科学会学術総会,  横浜,  2019/03
6. 広田 健吾、平澤 元浩、赤川 浩之、糟谷 英俊: 馬尾に発生した海綿状血管腫の1例.  第77回日本脳神経外科学会学術総会,  仙台,  2018/10
7. 菊池 麻美、黒井 康博、赤川 浩之、米山 琢、恩田 英明、糟谷 英俊: 脳虚血症状で発症したSLC20A2遺伝子変異をもつ特発性家族性基底核石灰症の日本人家系.  第77回日本脳神経外科学会学術総会,  仙台,  2018/10
8. 森山 久瑠美、成相 直、武川 麻紀、工藤 琢巳、糟谷 英俊、前原 健寿、赤川 浩之: 小児期発症もやもや病一卵性双生児6組における病態と遺伝子変異の検討.  第77回日本脳神経外科学会学術総会,  仙台,  2018/10
9. 野村 俊介、山口 浩司、赤川 浩之、川島 明次、石川 達也、藍原 康雄、齋藤 太一、岡田 芳和、川俣 貴一: RNF213 p.R4810K遺伝子型のもやもや病長期成績への影響.  第77回日本脳神経外科学会学術総会,  仙台,  2018/10
10. 赤川 浩之、野村 俊介、Boris Krischek、武川 麻紀 、前原 健寿、成相 直、糟谷 英俊、川俣 貴一: もやもや病の病態と治療:感受性遺伝子解析の観点から.  第77回日本脳神経外科学会学術総会,  仙台,  2018/10
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者