<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 統合医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   井上 真郷
   平澤 明
准教授:
   赤川 浩之
助教:
   樋口 清香
   藤田 俊之
   下島 圭子
■ 概要
統合医科学研究所について
東京女子医科大学統合医科学研究所は、東京女子医科大学が文部科学省の戦略的研究拠点育成プログラムによって支援を受けた国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)の2005年~2010年の事業を継承して、そのコンセプトをさらに発展させることを目指して、2010年4月に設立されました。
東京女子医科大学は、多くの外来および入院患者を診療する日本有数のメディカルセンターであります。本学のスタッフの日頃の献身的な活動が、この診療実績となって蓄積されてきたと言えます。研究所は、本学が培ってきた臨床的な知恵を基礎医学的な手法を用いて、新たな科学的な知見を引き出し、再び、診療に役立てるというアプローチを推進して行きたいと考えています。すなわち、疾患をゲノム情報という観点から見る事で、ゲノム上の変異による生体機能の変化を発症の頻度や治療薬に対する反応性などの情報に変換します。遺伝子型が明らかになった疾患に関しては、それがどのように実際の症状や薬剤応答性に繋がっているのかというメカニズムの解析を行います。このような研究成果が将来の医療の中で、予防・診断・治療に貢献できることを期待しています。
このような研究を実現するために、学内・学外の関連組織と強力な連携体制を構築しつつ、研究を行います。研究所には、2つの部門があり、専任・兼任研究員で構成される研究部門と、学内外のサンプルを受託して、次世代シーケンサー等による実験的およびバイオインフォマティクス解析を行った後に、依頼者に分かり易いデータを提供する解析サービス部門です。
医学の中で、遺伝子情報が一層重要な位置付けを持ちつつありますので、このような研究を推進できる人材を、大学院統合医科学分野を核として推進し、同時に医学部教育への参加によって、将来の医師が遺伝子医学についての高い理解を持つことができるように教育活動にも尽力いたします。若手研究者の積極的な参加を歓迎いたします。

ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 6  0 0 0 0  0 2  1 0  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Basturk Olca, Berger Michael F, Yamaguchi Hiroshi, Adsay Volkan, Askan Gokce, Bhanot Umesh K, Zehir Ahmet, Carneiro Fatima, Hong Seung-Mo, Zamboni Giuseppe, Dikoglu Esra, Jobanputra Vaidehi, Wrzeszczynski Kazimierz O, Balci Serdar, Allen Peter, Ikari Naoki, Takeuchi Shoko, Akagawa Hiroyuki, Kanno Atsushi, Shimosegawa Tooru, Morikawa Takanori, Motoi Fuyuhiko, Unno Michiaki, Higuchi Ryota, Yamamoto Masakazu, Shimizu Kyoko, Furukawa Toru, Klimstra David S:  Pancreatic intraductal tubulopapillary neoplasm is genetically distinct from intraductal papillary mucinous neoplasm and ductal adenocarcinoma.  Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc  30 (12) :1760-1772 , 2017.12   DOI:10.1038/modpathol.2017.60
2. Azuma Kenko, Umezu Tomohiro, Imanishi Satoshi, Asano Michiyo, Yoshizawa Seiichiro, Katagiri Seiichiro, Ohyashiki Kazuma, Ohyashiki Junko H:  Genetic variations of bone marrow mesenchymal stromal cells derived from acute leukemia and myelodysplastic syndrome by targeted deep sequencing.  Leukemia research  62 :23-28 , 2017.11   DOI:10.1016/j.leukres.2017.09.008
3. Umezu Tomohiro, Imanishi Satoshi, Azuma Kenko, Kobayashi Chiaki, Yoshizawa Seiichiro, Ohyashiki Kazuma, Ohyashiki Junko H:  Replenishing exosomes from older bone marrow stromal cells with miR-340 inhibits myeloma-related angiogenesis.  Blood advances  1 (13) :812-823 , 2017.5   DOI:10.1182/bloodadvances.2016003251
4. Ikari Naoki, Taniguchi Kiyoaki, Serizawa Akiko, Yamada Takuji, Yamamoto Masakazu, Furukawa Toru*:  A primary tumor of mixed histological type is a novel poor prognostic factor for patients undergoing resection of liver metastasis from gastric cancer.  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  24 (5) :281-288 , 2017.5   DOI:10.1002/jhbp.445
5. Shimasaki Takafumi, Ohtsuka Hokuto, Naito Chikako, Azuma Kenko, Tenno Takeshi, Hiroaki Hidekazu, Murakami Hiroshi, Aiba Hirofumi:  Ecl1 is a zinc-binding protein involved in the zinc-limitation-dependent extension of chronological life span in fission yeast.  Molecular genetics and genomics : MGG  292 (2) :475-481 , 2017.4   DOI:10.1007/s00438-016-1285-x
総説及び解説
1. 古川徹*:  膵癌の前癌病変における研究の最前線.  医学のあゆみ  261 (1) :89-94 , 2017.4
2. 古川徹*:  IPMNにおけるGNAS変異.  肝胆膵  74 (4) :533-539 , 2017.4
症例報告
1. Horisawa S, Sumi M, Akagawa H, Kawamata T, Taira T:  Thalamotomy for paroxysmal kinesigenic dyskinesias in a multiplex family.  European journal of neurology  24 (10) :e71-e72 , 2017.10   DOI:10.1111/ene.13379
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hiroyuki Akagawa: Genetics of Moyamoya disease.  Vth International Neurosurgical Conference on Moyamoya Disease,  Yantai, China,  2017/09
2. 野村 俊介, 赤川 浩之, 川島 明次, 山口 浩司, 石川 達也, 武川 麻紀, 成相 直, 糟谷 英俊, 川俣 貴一: 次世代シーケンサーによる類もやもや病の遺伝子解析.  Stroke 2018 第43回日本脳卒中学会学術集会,  福岡,  2018/03
3. 茂木 陽介、赤川 浩之、新見 康成、岡田 芳和、川俣 貴一: 本邦における毛細血管奇形-動静脈奇形症候群の遺伝要因の解明.  第76回日本脳神経外科学会学術総会,  名古屋,  2017/10
4. 樋口清香: CRISPR/CAS9システムを用いた、ウィリアムズ症候群原因遺伝子BCL7Bの機能解析.  第5回研究交流セミナー,  東京、日本,  2018/02
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者