<<< 前 2010年度 2011年度 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 次 >>>
 統合医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   古川 徹
   井上 真郷
   平澤 明
准教授:
   山本 俊至
   赤川 浩之
   原 雄二
助教:
   北川 起子
   下島 圭子
■ 概要
統合医科学研究所について
東京女子医科大学統合医科学研究所は、東京女子医科大学が文部科学省の戦略的研究拠点育成プログラムによって支援を受けた国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)の2005年~2010年の事業を継承して、そのコンセプトをさらに発展させることを目指して、2010年4月に設立されました。
東京女子医科大学は、多くの外来および入院患者を診療する日本有数のメディカルセンターであります。本学のスタッフの日頃の献身的な活動が、この診療実績となって蓄積されてきたと言えます。研究所は、本学が培ってきた臨床的な知恵を基礎医学的な手法を用いて、新たな科学的な知見を引き出し、再び、診療に役立てるというアプローチを推進して行きたいと考えています。すなわち、疾患をゲノム情報という観点から見る事で、ゲノム上の変異による生体機能の変化を発症の頻度や治療薬に対する反応性などの情報に変換します。遺伝子型が明らかになった疾患に関しては、それがどのように実際の症状や薬剤応答性に繋がっているのかというメカニズムの解析を行います。このような研究成果が将来の医療の中で、予防・診断・治療に貢献できることを期待しています。
このような研究を実現するために、学内・学外の関連組織と強力な連携体制を構築しつつ、研究を行います。研究所には、2つの部門があり、専任・兼任研究員で構成される研究部門と、学内外のサンプルを受託して、次世代シーケンサー等による実験的およびバイオインフォマティクス解析を行った後に、依頼者に分かり易いデータを提供する解析サービス部門です。
医学の中で、遺伝子情報が一層重要な位置付けを持ちつつありますので、このような研究を推進できる人材を、大学院統合医科学分野を核として推進し、同時に医学部教育への参加によって、将来の医師が遺伝子医学についての高い理解を持つことができるように教育活動にも尽力いたします。若手研究者の積極的な参加を歓迎いたします。

ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学技術人材育成費補助金 テニュアトラック普及・定着事業
 研究課題:脳動脈瘤の感受性遺伝子の探索  (研究代表者:赤川浩之)
 研究補助金:5,000,000円  (代表)
2.  科学技術人材育成費補助金 テニュアトラック普及・定着事業
 研究課題:カルシウムシグナリング異常による筋ジストロフィー発症機構の解明  (研究代表者:原雄二)
 研究補助金:10,000,000円  (代表)
3.  科学研究費助成事業 学術研究助成基金助成金(若手研究(B))  (研究課題番号:24791090)
 研究課題:ゲノムコピー数異常が発達障害を来たすメカニズムの解明  (研究代表者:下島圭子)
 研究補助金:1,040,000円  (代表)
4.  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  (研究課題番号:24390090)
 研究課題:家族性膵臓がんの原因遺伝子の解明  (研究代表者:古川徹)
 研究補助金:11,700,000円  (代表)
5.  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  (研究課題番号:23110534)
 研究課題:疾患患者由来iPS細胞の神経系分化誘導による中枢神経発達障害の病態解析  (研究代表者:山本俊至)
 研究補助金:5,460,000円  (代表)
6.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業  (研究課題番号:H23-難治-一般-095)
 研究課題:1p36欠失症候群の実態把握と合併症診療ガイドライン作成  (研究代表者:山本俊至)
 研究補助金:9,100,000円  (代表)
7.  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業  (研究課題番号:H24-難治等(難)-一般-056)
 研究課題:診断未定多発奇形・発達遅滞の実態把握と病因・病態の解明に関する研究  (研究分担者:山本俊至)
 研究補助金:650,000円  (分担)
8.  厚生労働科学研究費補助金 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業  (研究課題番号:H23-実用化(難病)-一般-014)
 研究課題:全ゲノムエクソン配列解析法による先天性内分泌疾患の分子基盤の解明  (研究分担者:古川徹)
 研究補助金:15,000,000円  (分担)
9.  戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
 研究課題:疾患iPS細胞を用いた大脳皮質構造形成メカニズムの解明  (研究代表者:下島圭子)
 研究補助金:12,896,000円  (代表)
10.  挑戦的萌芽研究
 研究課題:GPCR信号伝達経路を標的とする新規膵腫瘍分子診療法の開発  (研究代表者:古川徹)
 研究補助金:1,690,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 12 4 4 10  0 3 0 0  2 34  1 16  0 6
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yee KLL, Yagi H, Matsuoka Rumiko, NAKANISHI Toshio, Furukawa Toru*:  Transrepression activity of T-box1 in a gene regulation network in mouse cells.  Gene  510 (2) :162-170 , 2012.12
2. FURUKAWA Toru*, Tanji Etsuko, Kuboki Yuko, Hatori Takashi, YAMAMOTO MASAKAZU, SHIMIZU Kyoko, SHIBATA Noriyuki, Tatemoto Keiko:  Targeting of MAPK-associated molecules identifies SON as a prime target to attenuate the proliferation and tumorigenicity of pancreatic cancer cells.  Molecular Cancer  11 :88 , 2012.12
3. Takahiro Urata, Yoshiki Naito, Michiko Nagamine, Yoshihiro Izumi, Ginga Tonaki, Hajime Iwasaki, Akiko Sasaki, Akira Yamasaki, Nobuhiro Minami, Rituko Yoshioka, Hideki Kitada, Yoshi Takekuma, Hiroshi Yokomizo, Seiji Fukuda, Hiroshi Yamaguchi, Yuko Kuboki, Toru Furukawa, Michio Hifumi*:  Intraductal tubulopapillary neoplasm of the pancreas with somatic BRAF mutation.  Clinical Journal of Gastroenterology  :00-00 , 2012.11
4. Motosugi Utaroh , Yamaguchi Hiroshi, Furukawa Toru, Ichikawa Tomoaki, Hatori Takashi, Fujita Izumi, Yamamoto Masakazu, Motoi Fuyuhiko, Kanno Atsushi, Watanabe Tomoo, Koike Naoto, Koyama Isamu, Kobayashi Junya, Shimizu Michio*:  Imaging studies of intraductal tubulopapillary neoplasms of the pancreas: 2-tone duct sign and cork-of-wine-bottle sign as indicators of intraductal tumor growth.  Journal of Computer Assisted Tomography  36 (6) :710-717 , 2012.11
5. Shimojima Keiko, Inoue Takahito, Imai Yuki, Arai Yasuhiro, Komoike Yuta, Sugawara Midori, Fujita Takako, Ideguchi Hiroshi, Yasumoto Sawa, Kanno Hitoshi, Hirose Shinichi, Yamamoto Toshiyuki:  Reduced PLP1 expression in induced pluripotent stem cells derived from a Pelizaeus-Merzbacher disease patient with a partial PLP1 duplication.  Journal of human genetics  57 (9) :580-6 , 2012.9
6. Y Kitagawa , M Brahmachary , E Tiacci , R Dalla-Favera , B
Falini and K Basso:  A microRNA signature specific for hiary cell leukemia and assosiated with modulation of the MAPK-JNK pathways.  Leukemia accepted  :149 , 2012.6
7. Tojo Nakayama, Shin Nabatame, Yoshiaki Saito, Eiji Nakagawa, Keiko Shimojima, Toshiyuki Yamamoto, Yu Kaneko, Keiko Okumura, Hiromi Fujie, Mitsugu Uematsu, Hirofumi Komaki, Kenji Sugai, Masayuki Sasaki:  8p deletion and 9p duplication in two children with electrical status epilepticus in sleep syndrome.  Seizure  21 (4) :295-299 , 2012.5
8. 山本俊至:  DNAチップで何がわかるの?(マイクロアレイ).  小児内科  :in press , 2012
9. 山本俊至:  疾患の責任遺伝子に関する研究の進歩.  脳と発達  :in press , 2012
10. 下島圭子、山本俊至:  疾患患者由来iPS細胞の樹立と病態解析:中枢神経障害への応用.  脳と発達  :in press , 2012
全件表示(17件)
総説及び解説
1. 羽鳥隆, 鈴木修司, 大島奈々, 君島映, 古川徹, 貝瀬智子, 塩賀太郎, 門前正憲, 長尾健太, 田原純子, 高山敬子, 清水京子, 白鳥敬子, 山本雅一*:  (特集 肝胆膵疾患;「予後」の変遷)膵嚢胞性腫瘍の予後.  肝胆膵  66 (3) :517-521 , 2013.3
2. 古川徹:  膵臓腫瘍の分子病理-全ゲノム解析時代を俯瞰して-.  病理と臨床  31 (3) :297-301 , 2013.3
3. 羽鳥隆, 鈴木修司, 大島奈々, 君島映, 古川徹, 貝瀬智子, 門前正憲, 長尾健太, 田原純子, 高山敬子, 清水京子, 白鳥敬子, 山本雅一*:  (特集 胆膵癌の早期診断フロントライン)切除例からみた考察.  肝胆膵  66 (2) :345-349 , 2013.2
4. 樋口亮太, 太田岳洋, 新井田達雄, 梶山英樹, 谷澤武久, 古川徹, 山本雅一*:  (特集1 進行胆道癌(Stage III,IV)切除後成長生存例からみた治療方針)長期生存例からみたStage III,IV胆嚢癌の治療方針.  癌の臨床  59 (1) :45-51 , 2013.2
5. 古川徹:  良性腫瘍、低異型度悪性腫瘍のマリグナントプログレッション.  肝胆膵  65 (3) :419-423 , 2012.9
6. 古川徹:  全エクソン解析より明らかとなった膵管内乳頭粘液性腫瘍における高頻度のGNAS変異.  分子消化器病  9 (2) :185-188 , 2012.6
7. 鈴木修司, 羽鳥隆, 君島映, 大島奈々, 古川徹, 白鳥敬子, 山本雅一*:  (特集 膵希少腫腫瘍の治療選択)膵原発非上皮腫瘍に対する治療選択.  胆と膵  33 (8) :697-701 , 2012
8. 古川徹:  膵臓腫瘍の病理 腺房細胞性腫瘍,神経内分泌性腫瘍.  臨床消化器内科  27 (4) :497-502 , 2012
症例報告
1. Toshiyuki Yamamoto, Mari Matsuo, Shino Shimada, Noriko Sangu, Keiko Shimojima, Seijiro Aso, Kayoko Saito*:  De novo triplication of 11q12.3 in a patient with developmental delay and distinctive facial features.  Molecular Cytogenetics  6 (1) :15 , 2013.3
その他
1. 山口幸二, 金光秀一, 羽鳥隆, 真口宏介, 清水泰博, 多田稔, 中郡聡夫, 花田敬士, 小山内学, 野田裕, 中泉明彦, 古川徹, 伴慎一, 信川文誠, 加藤洋, 田中雅夫:  (委員会報告)IPMN由来浸潤癌とIPMN併存膵癌.  膵臓  27 (4) :563-571 , 2012.8
2. 磯崎収, 尾身葉子, 野添康子, 村上ひとみ, 柴田亮行, 岡本高宏, 古川徹, 市原淳弘:  次世代シークエンサーを用いた甲状腺腫瘍組織および血中RNAの網羅的測定.  東京女子医科大学総合研究所紀要  32 :32-33 , 2012
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山本俊至:  髄液検査.  発達障害支援ハンドブック 日本発達障害学会監修  22-23.  金子書房,  東京、日本, 2012.8
2. 山本俊至:    1p36欠失症候群ハンドブック  1-152.  診断と治療社,  東京, 2012.8
3. 久保木友子, 古川徹, 清水京子, 羽鳥隆, 山本雅一, 白鳥敬子:  膵管内乳頭粘液性腫瘍の全ゲノムエクソン解析によるGNAS遺伝子変異の発見.  分子生物学が可能とした個別化医療 第19回浜名湖シンポジウム  118.  アークメディア,  東京, 2012.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Oshima Nana, Hatori Takashi, Suzuki Shuji, Kimijima Akira, Furukawa Toru, Yamamoto Masakazu: Surgery strategy for the branch duct IPMN of the pancreas.  4th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Assosiation,  shanghai,  2013/03
2. Furuakwa Toru, Yamaguchi Hiroshi, Shimizu Michio: Intraductal tubulopapillary neoplasms do not evolve from intraductal tubular adenomas of the pancreas.  The 6th Showa Pathology Seminar for Pancreatic and Hepatobiliary Disease 2013,  Tokyo,  2013/03
3. Volkan Adsay V, Jang K-T, Ohike N, Albores-Saavedra J, Argani P, Fukushima N, Furukawa T, Hruban R, Kijima H, Klimstra D, Kloppel G, Lauwers G, Ochiai A, Carlos Roa J, Shimizu M, Terris B, Zamboni G, Zen Y, Tajiri T, Basturk O, Saka B, Dursun N, Bagci P, Goodman M: International consensus study on the terminology and diagnosis of tumoral intraepithelial neoplasms ("Adenomas" and "Intracystic papillary neoplasms" of WHO-2010) of the gallbladder.  102nd Annual Meeting of the United States and Canadian Academy of Pathology,  Baltimore, MD, USA,  2013/03
4. ◎Yamaguchi H, Shimizu M, Kuboki T, Furuakwa T: Molecular comparison between intraductal tubulopapillary neoplasms and intraductal tubular adenomas of the pancreas indicates their distinctive nature.  102nd Annual Meeting of the United States and Canadian Academy of Pathology,  Baltimore, MD, USA,  2013/03
5. Furukawa Toru, Higuchi Ryota, YAMAMOTO MASAKAZU: Clinical relevance of frozen diagnosis of ductal margins in surgery of bile duct cancer.  International Symposium on Cholangiocarcinoma Tokyo 2013,  Tokyo,  2013/02
6. ◎IMAI Yoichi, OHTA Eri, WANG Yanhua, KITAGAWA Yukiko, DING Ye, YAMADA Osamu, MARU Yoshiro, MOTOJI Toshiko: MLL-HOXA9 and calcineurin are nobel therapeutic targets in multiple myeloma.  54th ASH Annual Meeting and Exposition,  Atlanta, USA,  2012/12
7. ◎Hatori Takashi, Suzuki Shuji, Kimijima Akira, Oshima Nana, Furukawa Toru, Kuboki Yuko, Shumizu Kyoko, Shiratori Keiko, Yamamoto Masakazu: Surgical Management for IPMN of the pancreas.  American Pancreatic Association/International Association of Pancreatology 2012 Joint Meeting,  Florida,USA,  2012/10
8. ◎Kuboki Yuko, Shimizu Kyoko, Shiratori Keiko, Hatori Takashi, Yamamoto Masakazu, Shibata N, Furukawa Toru: Clinicopathological Significance of Molecular aberations in G-protein Coupled Receptor Pathway in Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas.  American Pancreatic Association/International Association of Pancreatology 2012 Joint Meeting,  Florida,USA,  2012/10
9. ◎Shimizu Kyoko, Monzen Masanori, Nagao Kenta, Tahara Junko, Takayama Yukiko, Oshima Nana, Hatori Takashi, Furukawa Toru, Shiratori Keiko: Usefulness of Cell Block Cytology for Preoperative Grading and Typing og IPMN.  American Pancreatic Association/International Association of Pancreatology 2012 Joint Meeting,  Florida,USA,  2012/10
10. FURUKAWA Toru: Pathology of familial pancreatic cancer.  Pancreas Cancer 2012,  Kyoto,  2012/10
全件表示(59件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者