<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 医学教育学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   大久保 由美子
講師:
   山内 かづ代
助教:
   清水 悟
   久保 沙織
   菅沼 太陽
■ 概要
現在の活動
(1)医学生教育
  .学習方法教育(講義、演習、臨床実習)
  .Problem-based learning (PBL) テュートリアル、Team-based Learning (TBL)、臨床技能教育
  .倫理教育、プロフェッショナリズム教育
  .医学英語教育

(2)大学院教育
  .2010年度~2016年度4名修了
  .中等教育、看護教育、医学教育、卒後教育、生涯教育

(3)卒後教育
  .初期臨床研修医教育

(4)教育研究
  .教育計画・方法・評価(医学教育カリキュラム、プロフェッショナリズム教育、
   生涯教育カリキュラム、Problem-based learning, Team-based learning,
   臨床推論教育、臨床技能評価、コンピテンシー評価、教育アウトカム評価等、
   患者教育(遠隔教育、患者行動変容)
  .テスティングシステム開発
  .教育教材開発(特許申請1件)
  .教育質保証

(5)教育支援
  .学部教育支援(医学教育審議会、教務委員会、各教育委員会)
  .FD (マイクロティーチング)2017年度3名修了 2018年度3名修了
  .研修指導医講習支援
  .病院・大学教職員研修支援

(6)社会貢献
  .日本医学教育学会理事会幹事
  .日本医学教育学会国際関係委員会
  .日本医学教育学会コア・コンピテンス委員会
  .日本医学教育学会情報基盤開発委員会
  .日本医学教育学会選挙管理委員会
  .日本医学教育学会選挙制度検討委員会
  .東京都医師会生涯教育委員会
  .東京都医師会生涯教育委員会
  .厚生労働省 医師国家試験委員
  .医療系大学間共用試験実施評価機構CBTプール化専門部会
  .医療系大学間共用試験実施評価機構診療参加型臨床実習後客観的臨床能力試験委員会医学系トライアル実施小委員会外部評価者養成専門部会委員
  .日本医学英語教育学会
  .日本内科学会評議委員
  .徳島PBLチュートリアルシナリオ外部評価委員
  .日本医科大学プログラム評価委員会
  .日本医学教育学会認定医学教育専門家
  .臨床実習後OSCE認定評価者
  .日本医学教育学会理事会幹事
  .厚生労働省 医師国家試験必修問題試験委員
  .厚生労働省 医道審議会専門委員
  .厚生労働省 医師分科会員
  .医療系大学間共用試験実施評価機構医学系OSCE実施小委員会模擬患者標準化専門部会委員
  .医療系大学間共用試験実施評価機構医学系OSCE事後評価解析小委員会課題改定専門部会委員
  .医療系大学間共用試験実施評価機構診療参加型臨床実習後客観的臨床能力試験委員会医学系トライアル実施小委員会外部評価者養成専門部会委員
  .医療系大学間共用試験実施評価機構国際連携推進医学系専門部会委員
  .日本私立医科大学協会卒前医学教育委員会委員
  .徳島大学PBLテュートリアルシナリオ外部評価委員
  .日本医科大学プログラム評価委員会委員
  .帝京大学医学部カリキュラム外部評価委員会委員
  .日本内科学会評議員
  .一般社団法人至誠会社員
  .東海大学医学部東海医学会例会FD講演
  .しらぎくの集い講演
  .日本医科大学医学教育のためのFDワークショップ 講演
  .共用試験実施評価機構Post CC OSCE評価者講習会タスクフォース
  .日本医学教育学会大会ITNS運営
  .東京都医師会主催「指導医のための教育ワークショップ」タスクフォース
  .私立大学情報教育協会 栄養薬医歯看護学G対話集会 講演
  .日本女子大学家政学部学術交流事業“まちも学生も元気になる教育”を考えるワークショップ 講演
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究C  (研究課題番号:18K02736)
 研究課題:「よき医師」を育成するための入学者選抜方法と卒前教育の効果の検証  (研究代表者:大久保 由美子)
 研究補助金:1,700,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 基盤研究C  (研究課題番号:18K09986)
 研究課題:超高齢社会を支える卒前からの四肢脊柱診察教育プログラムの開発と評価  (研究代表者:山内 かづ代)
 研究補助金:800,000円  (代表)
3.  化学研究費助成事業 基盤研究C  (研究課題番号:15K08568)
 研究課題:「人と薬をつなぐコミュニケーション・モデル」の構築とその教育プログラムの実践  (研究代表者:菅沼 太陽)
 研究補助金:922,385円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 0 0 3  0 4 0 0  1 6  3 4  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. NozawaYukako, YamauchiKazuyo, SalcedoDaniel:  'Empathy' in English as a Lingua Franca: How Student Doctors Solicit Concerns from Simulated Patients by Turn-Taking.  Journal of Medical English Education  17 (3) :97-99 , 2018.10
2. Eguchi Yawara,Suzuki Munetaka,Yamanaka Hajime,Tamai Hiroshi,Kobayashi Tatsuya,Orita Sumihisa,Yamauchi Kazuyo,Suzuki Miyako,Inage Kazuhide,Fujimoto Kazuki,Kanamoto Hiroto,Abe Kkoki,Norimoto Masaki,Umimura Tomotaka,Aoki Yasuchika,Koda Masao,Furuya Takeo,Toyone Tomoaki,Ozawa Tomoyuki,Takahashi Kazuhisa,Ohtori Seiji:  Influence of Skeletal Muscle Mass and Spinal Alignment on Surgical Outcomes for Lumbar Spinal Stenosis.  Asian spine journal  12 (3) :556-562 , 2018.6
3. BOKUDA Kanako*, MORIMOTO Satoshi, SEKI Yasufumi, YATABE Midori, WATANABE Daisuke, YATABE Junichi, ANDO Takashi, SHIMIZU Satoru, ITOH Hiroshi, ICHIHARA Atsuhiro:  Greater reductions in plasma aldosterone with aliskiren in hypertensive patients with higher soluble (Pro)renin receptor level.  Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension  41 (6) :435-443 , 2018.6
総説及び解説
1. 大久保 由美子:  国際基準に基づく医学教育の質保証.  医学教育のあゆみ  265 (11) :964-965 , 2018
その他
1. 尾身葉子、荒内歩、磯崎収、古川徹、大久保由美子:  特異的Micro RNA分泌抑制を介する細胞増殖と分化に対するIGF-Iの作用機構.  東京女子医科大学総合研究所紀要  37 :56-57 , 2018
ページの先頭へ
■ 著書
1. 大久保由美子,岩﨑直子, 岡田みどり:  医学生らしさとは.  人間関係教育と行動科学テキストブック 第3版ー「至誠と愛」の実践学修ー  16-17.  三恵社,  日本, 2018.4
2. 加藤多津子、大久保由美子:  Team STEPPS.  人間関係教育と行動科学テキストブック第3版  1.  三恵社,  日本, 2018
3. 大久保由美子, 山内かづ代, 久保沙織:  利益相反に関するワークショップ.  人間関係教育と行動科学テキストブック(第3版)-「至誠と愛」の実践学修-  1.  三恵社,  日本, 2018
4. 辻村貴子、山内かづ代、野原理子、大久保由美子:  チーム医療と奉仕.  人間関係教育と行動科学テキストブック(第3版)-「至誠と愛」の実践学修-  1.  三恵社,  日本, 2018
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Nozawa Yukako, Yamauchi Kazuyo, Salcedo Daniel: The Embodiment of Empathy in ELF: A Case Study of Primary Care Consultation between Student Doctors and Simulated Patients in Medical English Classroom.  the 51st Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics,  York, UK.,  2018/09
2. ◎久保沙織、大久保由美子、山内かづ代、岡田みどり、岩﨑直子、西村勝治: 能動的進路選択が医学部入学後の満足度およびモチベーション増進に与える影響.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
3. ◎山内かづ代, 大久保由美子: 整形外科臨床実習における実践的診察シュミレーションは四肢脊柱身体診察および臨床推論能力を向上させた.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
4. ◎大久保由美子、三谷昌平、久保沙織、山内かづ代: 高等学校理科履修科目と基礎医学科目の理解度の認識および試験成績の関係.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
5. ◎野村馨、清水悟、大久保由美子: 初期研修医の地域医療研修におけるプロフェッショナリズムの評価.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
6. 篠崎和美、川名正敏、板橋道朗、志賀剛、大久保由美子、飯田和弘: 指導医講習会のアンケートからの臨床医への医学教育学の必要性の検討.  第50回日本医学教育学会大会,  東京,  2018/08
7. Nozawa Yukako, Yamauchi Kazuyo, Salcedo Daniel: "Is it necessary?" -How Student Doctors Address Patients' Concerns During Simulated Medical Consultations in English as a Lingua Franca.  the 11th International Conference of English as a Lingua Franca.,  London, UK.,  2018/07
8. ◎岡田みどり, 大久保由美子, 木下順二, 佐藤梓, 木村利美: 薬害について共に学ぶ他職種連携教育.  日本薬学会第139年会,  千葉,  2019/03
9. 峯川美弥子, 小林礼実, 尾崎恭子, 大久保由美子, 飯岡由紀子: 看護基盤教育におけるTBLを用いた主体性育成教育プログラム導入2年目の実践報告.  第38回日本看護科学学会学術集会,  愛媛県,  2018/12
10. 峯川美弥子, 小林礼実, 尾崎恭子, 大久保由美子, 飯岡由紀子: チーム基盤型学習(team-based learning,TBL)を用いた主体性育成教育プログラム導入2年目の実践報告.  第38回日本看護科学学会学術集会,  愛媛県,  2018/12
全件表示(14件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者