<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 医学教育学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   大久保 由美子
講師:
   山内 かづ代
助教:
   清水 悟
   久保 沙織
   菅沼 太陽
■ 概要
沿革
本講座は、医学・医療教育について広く研究および教育開発を行うために、1995年に医学教育学教室として設置され、2003年に大学院医学研究科の専攻分野を含む医学教育学講座となった。
初代の教室責任者は神津忠彦(名誉教授)、初代の講座責任者は吉岡俊正(主任教授)で現在に至っている。
現在の活動
(1)医学生教育
  .学習方法教育(講義、演習、臨床実習)
  .Problem-based learning (PBL) テュートリアル、Team-based Learning (TBL)、臨床技能教育
  .倫理教育、プロフェッショナリズム教育
  .医学英語教育

(2)大学院教育
  .平成24年度3名在籍
  .中等教育、卒後教育、生涯教育分野

(3)卒後教育
  .初期臨床研修医教育

(4)教育研究
  .教育計画・方法・評価(医学教育カリキュラム、プロフェッショナリズム教育、
   生涯教育カリキュラム、Problem-based learning, Team-based learning,
   臨床技能評価、コンピテンシー評価、教育アウトカム評価等、
   患者教育(遠隔教育、患者行動変容)
  .テスティングシステム開発
  .教育教材開発(特許申請1件)
  .教育質保証
・多大学による協働教育 多他職種連携による地域包括ケアのためのアクティブラーニング

(5)教育支援
  .学部教育支援(医学教育審議会、教務委員会、各教育委員会)
  .FD (マイクロティーチング)
  .研修指導医講習支援
  .病院・大学教職員研修支援
・教学IR室運営

(6)社会貢献
  .世界医学教育連盟西太平洋地区医学教育連盟日本代表
  .日本医学教育学会学会国際化委員会副委員長、
   共用試験実施評価機構CBTプール化専門部会、
   日本医学英語教育学会、
   文部科学省大学設置・学校法人審議会学校法人分科会、
   日本医学教育学会医学教育のあり方特別委員会医学教育分野別評価基準策定委員会、
   日本医学教育学会コア・コンピテンス委員会、
   日本医学教育学会情報基盤開発委員会、
   日本医学教育学会選挙管理委員会、
   全国医学部長病院長会議医学部・医科大学の教育評価に関わる検討委員会、
   大学基準協会大学評価、医学教育振興財団運営委員会、私立大学情報教育協会、
   医学教育FD/ICT活用研究委員会、医療系大学間共用試験実施評価機構医学系OSCE委員会
   医療系大学間共用試験実施評価機構国際連携推進医学系専門部会委員、
   日本内科学会評議委員、一般社団法人至誠会社員、日本私立医科大学協会卒前医学教育委員会
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究C  (研究課題番号:15K08568)
 研究課題:「人と薬をつなぐコミュニケーション・モデル」の構築とその教育プログラムの実践  (研究代表者:菅沼 太陽)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 若手研究B  (研究課題番号:26780362)
 研究課題:multiraterデータを用いて測定の信頼性および妥当性を検討する方法  (研究代表者:久保 沙織)
 研究補助金:278,540円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 6 0 0 17  0 0 0 0  0 7  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Eguchi Yawara, Toyoguchi Toru, Inage Kazuhide, Fujimoto Kazuki, Orita Sumihisa, Yamauchi Kazuyo, Suzuki Miyako, Kanamoto Hirohito, Abe Koki, Norimoto Masaki, Umimura Tomotaka, Koda Masao, Furuya Takeo, Aoki Yasuchika, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Pentosidine concentration is associated with degenerative lumbar scoliosis in older women: preliminary results.  European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society  27 (3) :597-606 , 2018.3
2. 本田玖美子, 久保沙織*, 坂爪一幸, 本田哲三, 川上昌子:  過疎地在住高齢者における余命とQOLの変化に関連する諸要因の分析-リハビリテーション医療における社会的診断手法の開発に向けて-.  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine.  :994-1006 , 2018.1
3. Sato Jun, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa, Yamauchi Kazuyo, Eguchi Yawara, Ochiai Nobuyasu, Kuniyoshi Kazuki, Aoki Yasuchika, Nakamura Junichi, Miyagi Masayuki, Suzuki Miyako, Kubota Gou, Inage Kazuhide, Sainoh Takeshi, Fujimoto Kazuki, Shiga Yasuhiro, Abe Koki, Kanamoto Hiroto, Inoue Gen, Takahashi Kazuhisa:  Answer to the Letter to the Editor of Wang Kai et al. concerning "Radiographic evaluation of indirect decompression of mini-open anterior retroperitoneal lumbar interbody fusion: oblique lateral interbody fusion for degenerated lumbar spondylolisthesis" by Jun Sato et al. Eur Spine J (2017) 26:671-678.  European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society  27 (1) :240-241 , 2018.1
4. Oikawa Yasuhiro, Eguchi Yawara, Watanabe Atsuya, Orita Sumihisa, Yamauchi Kazuyo, Suzuki Miyako, Sakuma Yoshihiro, Kubota Go, Inage Kazuhide, Sainoh Takeshi, Sato Jun, Fujimoto Kazuki, Koda Masao, Furuya Takeo, Matsumoto Koji, Masuda Yoshitada, Aoki Yasuchika, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Anatomical evaluation of lumbar nerves using diffusion tensor imaging and implications of lateral decubitus for lateral transpsoas approach.  European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society  26 (11) :2804-2810 , 2017.11
5. Inage Kazuhide, Orita Sumihisa, Yamauchi Kazuyo, Suzuki Miyako, Sakuma Yoshihiro, Kubota Go, Oikawa Yasuhiro, Sainoh Takeshi, Sato Jun, Fujimoto Kazuki, Shiga Yasuhiro, Abe Koki, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Norimoto Masaki, Umimura Tomotaka, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Response to: "Long-term Outcomes of In Situ Fusion for Treating Dysplastic Spondylolisthesis".  Asian spine journal  11 (5) :845-846 , 2017.10
6. Sato Jun, Inage Kazuhide, Miyagi Masayuki, Sakuma Yoshihiro, Yamauchi Kazuyo, Koda Masao, Furuya Takeo, Nakamura Junichi, Suzuki Miyako, Kubota Go, Oikawa Yasuhiro, Sainoh Takeshi, Fujimoto Kazuki, Shiga Yasuhiro, Abe Koki, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Norimoto Masaki, Umimura Tomotaka, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji, Orita Sumihisa:  Inhibiting Vascular Endothelial Growth Factor in Injured Intervertebral Discs Attenuates Pain-Related Neuropeptide Expression in Dorsal Root Ganglia in Rats.  Asian spine journal  11 (4) :556-561 , 2017.8
7. Fujimoto Kazuki, Inage Kazuhide, Orita Sumihisa, Yamashita Masaomi, Abe Koki, Yamagata Masatsune, Sainoh Takeshi, Akazawa Tsutomu, Kinoshita Tomoaki, Nemoto Tetsuharu, Hirayama Jiro, Murata Yasuaki, Kotani Toshiaki, Aoki Yasuchika, Eguchi Yawara, Sakuma Takeshi, Aihara Takahito, Ishikawa Tetsuhiro, Suseki Kaoru, Hanaoka Eiji, Yamauchi Kazuyo, Kubota Gou, Suzuki Miyako, Sato Jun, Shiga Yasuhiro, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Koda Masao, Furuya Takeo, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  The nature of osteoporotic low back pain without acute vertebral fracture: A prospective multicenter study on the analgesic effect of monthly minodronic acid hydrate.  Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association  22 (4) :613-617 , 2017.7
8. Kubota Go, Kamoda Hiroto, Orita Sumihisa, Yamauchi Kazuyo, Sakuma Yoshihiro, Oikawa Yasuhiro, Inage Kazuhide, Sainoh Takeshi, Sato Jun, Ito Michihiro, Yamashita Masaomi, Nakamura Junichi, Suzuki Takane, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Platelet-rich plasma enhances bone union in posterolateral lumbar fusion: A prospective randomized controlled trial.  The spine journal : official journal of the North American Spine Society  7 (167) :1-7 , 2017.7
9. Shiga Yasuhiro, Kubota Go, Orita Sumihisa, Inage Kazuhide, Kamoda Hiroto, Yamashita Masaomi, Iseki Toru, Ito Michihiro, Yamauchi Kazuyo, Eguchi Yawara, Sainoh Takeshi, Sato Jun, Fujimoto Kazuki, Abe Koki, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Furuya Takeo, Koda Masao, Aoki Yasuchika, Toyone Tomoaki, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Freeze-Dried Human Platelet-Rich Plasma Retains Activation and Growth Factor Expression after an Eight-Week Preservation Period.  Asian spine journal  11 (3) :329-336 , 2017.6
10. Sainoh Takeshi, Inage Kazuhide, Orita Sumihisa, Koda Masao, Furuya Takeo, Yamauchi Kazuyo, Suzuki Miyako, Sakuma Yoshihiro, Kubota Go, Oikawa Yasuhiro, Sato Jun, Fujimoto Kazuki, Shiga Yasuhiro, Abe Koki, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Norimoto Masaki, Umimura Tomotaka, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Correlation among Inflammatory Cytokine Expression Levels, Degree of Disk Degeneration, and Predominant Clinical Symptoms in Patients with Degenerated Intervertebral Discs.  Asian spine journal  11 (3) :472-477 , 2017.6
全件表示(15件)
総説及び解説
1. 大鳥 精司, 江口 和, 折田 純久, 稲毛 一秀, 山内 かづ代, 鈴木 都, 鴨田 博人, 鈴木 宗貴, 久保田 剛, 青木 保親, 古矢 丈雄, 國府田 正雄:  【高齢者脊椎疾患の診断・治療の最近の進歩】 診断 FDG-PET、拡散強調画像(DWI)による化膿性脊椎炎の診断.  関節外科  36 (10月増刊) :36-42 , 2017.10
2. 大鳥 精司, 西能 健, 佐藤 淳, 折田 純久, 稲毛 一秀, 山内 かづ代, 鈴木 都, 久保田 剛, 青木 保親, 古矢 丈雄, 国府田 正雄, 宮城 正行, 井上 玄:  【脊椎脊髄疾患に関連する痛みのメカニズム】 椎間板性疼痛.  脊椎脊髄ジャーナル  30 (6) :611-617 , 2017.6
3. 大久保由美子:  臨床推論学修のためのチーム基盤型学修(TBL).  平成28年度私立大学教員の授業改善白書  1 :50 , 2017
4. 大久保由美子*:  臨床推論のためのチーム基盤型学習(TBL).  平成28年度私立大学教員の授業改善白書  :1 , 2017
症例報告
1. 井上 嵩基, 折田 純久, 鴨田 博人, 佐久間 詳浩, 稲毛 一秀, 佐藤 淳, 藤本 和輝, 志賀 康浩, 金元 洋人, 阿部 幸喜, 山内 かづ代, 中村 順一, 松浦 佑介, 青木 保親, 江口 和, 高橋 和久, 萩原 茂生, 古矢 丈雄, 國府田 正雄, 鈴木 昌彦, 大鳥 精司:  乳癌術後第12胸椎転移性骨腫瘍に対してtotal en bloc spondylectomy(TES)施行後、Implant failureを伴う胸腰椎後彎増悪に対して追加固定術を施行した1例(Successful revision enforcement surgery for postoperative implant failure in a patient with combined anteroposterior fixation after total en bloc spondylectomy: a case report with literature review).  千葉医学雑誌  93 (5) :53-57 , 2017.10
2. 海村 朋孝, 藤本 和輝, 折田 純久, 鴨田 博人, 山内 かづ代, 鈴木 都, 稲毛 一秀, 佐藤 淳, 志賀 康浩, 阿部 幸喜, 金元 洋人, 井上 雅寛, 木下 英幸, 國府田 正雄, 古矢 丈雄, 高橋 和久, 大鳥 精司:  第5腰椎原発性腫瘍に対して、エクスパンダブルケージを用いて前方再建を行い腫瘍椎体全切除術を施行した1例(Total spondylectomy of L5 for a primary malignant tumor with anterior reconstruction using an expandable cage: a case report of effective treatment).  千葉医学雑誌  93 (4) :39-43,177 , 2017.8
3. Tsuchiya Ryuto, Fujimoto Kazuki, Inage Kazuhide, Orita Sumihisa, Shiga Yasuhiro, Kamoda Hiroto, Yamauchi Kazuyo, Suzuki Miyako, Sato Jun, Abe Koki, Kanamoto Hirohito, Inoue Masahiro, Kinoshita Hideyuki, Norimoto Masaki, Umimura Tomotaka, Koda Masao, Furuya Takeo, Nakamura Junichi, Takahashi Kazuhisa, Ohtori Seiji:  Radical Surgery of Only the Anterior Elements of the Spine at the Posterior Element Fusion Level due to Metastatic Thyroid Cancer.  Case reports in orthopedics  2017 :2365808 , 2017
その他
1. 高木康、安岡博之、早川貴美子、太田雅也、鈴木憲史、堀内清、吉澤利弘、齋藤英治、萩本剛一、長瀬隆英、安井正人、平形道人、福田国彦、相馬正義、弦間昭彦、平山陽示、大久保由美子、大岡真也、古井滋、林明人、廣井直樹、赤木美智男、矢野尊啓、友安茂:  臨床実習、臨床研修における大学病院・臨床研修病院と地域医師会との具体的な連携.  平成27・28年度 公益社団法人東京都医師会  :1-197 , 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Yumiko Okubo: Long-term positive effects of PBL Experience in Undergraduate Medical Education on Medical Residents' Clinical Competence.  An International Association for Medical Education(AMEE)2017,  Helsinki Finland,  2017/08
2. ◎Yumiko Okubo: Long-term positive effects of PBL Experience in Undergraduate Education on Medical Residents'Clinical Competence.  AMEE2017,  Helsnki Finland,  2017/08
3. ◎大久保由美子: TBLにおける同僚評価法の比較と自己評価との関係.  第49回日本医学教育学会,  札幌市,  2017/08
4. ◎村崎かがり, 山中寿, 吉岡俊正: 外科共通クラークシップ導入とその評価.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌市,  2017/08
5. ◎小林礼実、峯川美弥子、大久保由美子、飯岡由紀子: 看護基礎教育におけるTBL用いた主体性育成教育プログラムの実践報告.  第37回日本看護科学学会学術集会,  仙台,  2017/12
6. 真崎藍 山内かづ代 稲毛一秀 鈴木都 藤本和輝 金元洋人 志賀康浩 阿部幸喜 木下英幸 井上雅寛 折田純久 大鳥精司: 乳癌細胞及び破骨細胞の相互作用による炎症性サイトカイン放出からみた転移性骨腫瘍の疼痛メカニズム.  第32 回日本整形外科学会基礎学術集会,  沖縄,  2017/10
7. ◎久保沙織: その偏回帰係数は解釈できますか?予測変数を直交化した重回帰分析.  日本心理学会第81回大会,  福岡県,  2017/09
8. ◎久保沙織, 椎名乾平, 上田卓司: Conditional covariance formulaを用いたポリコリック相関件数.  2017年度統計関連学会連合大会,  愛知県,  2017/09
9. 久保沙織: 予測変数を直交化した重回帰分析-理論編-「その偏回帰係数は解釈できますか?」.  日本心理学会第81回大会,  福岡県,  2017/09
10. ◎亀谷智子, 芹澤直紀, 志賀剛, 大久保由美子, 安本久美子, 橋本悦子, 市原淳弘, 徳重克年, 萩原誠久: 成人成長ホルモン分泌不全に続発した門脈肺高血圧症の一例.  第2回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,  札幌市,  2017/06
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者