<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 総合研究所研究部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   竹宮 孝子
   田邊 賢司
■ 概要
講座概要
総研独自の研究は、研究総括推進部門の 竹宮孝子准教授、清水悟 准講師、田邊賢司 テニュアトラック准教授の選任教員がそれぞれのテーマーで研究を進めております。
また、時限の研究部門として『腎臓形態形成・組織再生研究部門(土谷部門長)』、『心臓血管発生分化制御部門(富田部門長)』の2部門が設置されています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 1  0 0 0 0  1 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kurokawa Yuna, Konishi Rikako, Yoshida Akane, Tomioku Kanna, Futagami Taiki, Tamaki Hisanori, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu:  Essential and distinct roles of phosphatidylinositol 4-kinases, Pik1p and Stt4p, in yeast autophagy.  Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids  1864 (9) :1214-1225 , 2019.9   DOI:10.1016/j.bbalip.2019.05.004
総説及び解説
1. Takemiya Takako:  Potential Roles of Prostaglandin E2 and Interleukin-1β in Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.  Journal of Multiple Sclerosis  6 :1 , 2019   DOI:10.4172/2376-0389.1000225
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎辻野賢治, 田邊賢司, 山口俊夫, 松本みどり, 木下順二: バクテリオロドプシンから出力される光電流測定のための電荷積分アンプ作成.  第67回 応用物理学会春季学術講演会,  東京都、日本,  2020/03
2. Marumi Kawakami, Chisen Takeuchi, Takako Takemiya: Endothelial Microsomal Prostaglandin E Synthetase-1 Upregulates Vascularity and Endothelial Interleukin-1β in Deteriorative Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.  第42回日本神経科学大会・第62回日本神経化学会大会 合同年会,  新潟,  2019/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者