<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 総合研究所研究部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


准教授:
   竹宮 孝子
   田邊 賢司
■ 概要
講座概要
総研独自の研究は、研究総括推進部門の 竹宮孝子准教授、清水悟 准講師、田邊賢司 テニュアトラック准教授の選任教員がそれぞれのテーマーで研究を進めております。
また、時限の研究部門として『腎臓形態形成・組織再生研究部門(土谷部門長)』、『心臓血管発生分化制御部門(富田部門長)』の2部門が設置されています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 1  0 1 0 0  1 1  3 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kurokawa Yuna, Yoshida Akane, Fujii Emi, Tomioku Kanna, Hayashi Hiroki, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu:  Phosphatidylinositol 4-phosphate on Rab7-positive autophagosomes revealed by the freeze-fracture replica labeling.  Traffic (Copenhagen, Denmark)  20 (1) :82-95 , 2019.1   DOI:10.1111/tra.12623
2. Takemiya Takako, Kawakami Marumi, Takeuchi Chisen:  Endothelial Microsomal Prostaglandin E Synthetase-1 Upregulates Vascularity and Endothelial Interleukin-1β in Deteriorative Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.  International Journal of Molecular Sciences  19 (11) :E3647 , 2018   DOI:10.3390/ijms19113647
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐藤麻子, 竹宮孝子, 野原理子:  女性医師・研究者支援シンポジウム.  人間関係教育と行動科学テキストブック 第3版 -「至誠と愛」の実践学修-  137-138.  三恵社,  愛知, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. TANABE Kenji: Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs.  SLAS2019 International Conference and Exhibition,  Washington DC, USA,  2019/02
2. Takako Takemiya, Marumi Kawakami, Kanato Yamagata, Shin Yasuda, Kousuke Izumi: A new model of attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) related with Arcadlin.  WFSBP Asia Pasific Regional Congress of Biological Psychiatry (WFSBP 2018 KOBE),  神戸,  2018/09
3. TANABE Kenji: Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs.  SBI2 High Content 2018, 5th Annual Conference,  Boston, USA,  2018/09
4. Takako Takemiya, Marumi Kawakami: Endothelial Microsomal Prostaglandin E Synthetase-1 Upregulates Vascularity and Endothelial Interleukin-1β in Deteriorative Progression of Experimental Autoimmune Encephalomyelitis.  第41回日本神経科学大会,  神戸,  2018/07
5. Takako Takemiya, Marumi Kawakami, Kanato Yamagata, Shin Yasuda, Kousuke Izumi: A new model of attention deficit/hyperactivity disorder (ADHD) related with Arcadlin.  第40回日本生物学的精神医学会・第61回日本神経化学会大会 合同年会,  神戸,  2018/09
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者