<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 実験動物研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


助教:
   上芝 秀博
■ 概要
実験動物中央施設
本学における研究、教育に必要な実験動物の管理を中央化し、動物実験の遂行を円滑にすることを目的とする。

○ 本施設は次の業務部門よりなる。
(1)飼育管理部門:
本施設使用者の動物実験計画にもとづき実験動物の確保、適切な飼育管理、廃棄物の処理などの業務を行う。
(2)動物供給部門:
本施設内での自家生産動物の供給、および特殊動物の手配、供給に関する業務を行う。
(3)情報研究部門:
実験動物に関する研究、および情報の収集を行い、本学における動物実験の質的向上をはかるとともに随時広報活動を行う。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 8  0 0 0 0  0 5  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ozawa M, Fukuda T, Nakamoto R, Honda H, Yoshida N.:  The histone demethylase FBXL10 regulates the proliferation of spermatogonia and ensures long-term sustainable spermatogenesis in mice.  Biol Reprod  94 (4) :92 , 2016   DOI:doi: 10.1095/biolreprod.115.135988
2. Sera Y, Yamasaki N, Oda H, Nagamachi A, Wolff L, Inukai T, Inaba T, Honda H.:  Identification of cooperative genes for E2A-PBX1 to develop acute lymphoblastic leukemia.  Cancer Sci  107 (7) :890-898 , 2016   DOI:doi: 10.1111/cas.12945
3. Abedini A, Zamberlam G, Lapointe E, Tourigny C, Boyer A, Paquet M, Hayashi K, Honda H, Kikuchi A, Price C, Boerboom D.:  WNT5a is required for normal ovarian follicle development and antagonizes gonadotropin responsiveness in granulosa cells by suppressing canonical WNT signaling.  FASEB J  30 (4) :1534-1547 , 2016   DOI:doi: 10.1096/fj.15-280313
4. Ueda T, Nakata Y, Yamasaki N, Oda H, Sentani K, Kanai A, Onishi N, Ikeda K, Sera Y, Honda Z, Tanaka K, Sata M, Ogawa S, Yasui W, Saya H, Takita J, Honda H.:  ALKR1275Q perturbs extracellular matrix, enhances cell invasion, and leads to the development of neuroblastoma in cooperation with MYCN.  Oncogene  35 (34) :4447-4458 , 2016   DOI:doi: 10.1038/onc.2015.519
5. Kanda M, Yamanaka H, Kojo S, Usui Y, Honda H, Sotomaru Y, Harada M, Taniguchi M, Suzuki N, Atsumi T, Wada H, Baghdadi M, Seino K.:  Transcriptional regulator Bhlhe40 works as a cofactor of T-bet in the regulation of IFN-γ production in iNKT cell.  Proc Natl Acad Sci USA  113 (24) :E3394-3402 , 2016   DOI:doi: 10.1073/pnas.1604178113
全件表示(7件)
総説及び解説
1. Hiraku Sasaki, Hidehiro Ueshiba, Eiichi Kawamoto, Ron Boot:  [Pasteurella] pneumotropica as a Potential Mouse Infection Model for Assessment of Substantial Opportunistic Bacterial Infections.  International Journal of Clinical & Medical Microbiology  1 :115-116 , 2016   DOI:https://doi.org/10.15344/2456-4028/2016/115
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 本田浩章: AMLの分子病態.  第78回日本血液学会総会,  横浜,  2016/10
2. 岩崎正幸, Michael Cleary: CD93 marks and maintains non-quiescent human leukemia stem cells in MLL-rearranged AML.  日本血液学会学術集会,  横浜、日本,  2016/10
3. Hiroaki Honda: Advances in cancer animal model: From mechanisms to clinical output.  第75回日本癌学会総会,  横浜,  2016/10
4. ◎有村健, 近藤光子, 佐藤昭寿, 厚美慶英, 志々目修, 原裕子, 原香織, 溝渕莉恵, 落合克律, 上芝秀博, 武山廉, 多賀谷悦子, 玉置淳: 凍結(Cryo)生検の有用性の検討.  第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  名古屋,  2016/06
5. ◎有村健, 近藤光子, 厚美慶英, 佐藤昭寿, 志々目修, 三田祐実子, 藤本紗代, 武山廉, 多賀谷悦子, 上芝秀博, 玉置淳: Cryo生検の有用性と安全性の検討.  第56回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2016/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者