<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 病理学(実験病理学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   小田 秀明
准教授:
   種田 積子
助教:
   宇都 健太
   廣瀬 織江
   吉澤 佐恵子
■ 概要
教室の内容
東京女子医科大学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 1 1  0 0 0 0  1 4  0 0  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sawada Anri, Unagami Kohei, Horita Shigeru, Kawanishi Kunio, Okumi Masayoshi, Taneda Sekiko, Ishida Hideki, Hattori Motoshi, Tanabe Kazunari, Honda Kazuho, Uchida Keiko, Shimizu Akira, Koike Junki, Nitta Kosaku:  Fate of full-house immunofluorescence staining in renal allograft:A case report.  Pathology International  2019 :1-6 , 2019.9   DOI:10.1111/pin.12847
2. 鳥山碧, 西村和幸, 阿部和大, 本多奈穂子, 永井智仁, 松本卓子, 小田秀明, 多賀谷悦子:  気管支鏡下高周波スネアにて切除しえた気管支粘表皮癌の1例.  気管支学  41 (3) :245-249 , 2019.5
3. IKARASHI Keiko, UTO Kenta*, KAWAMURA Shunji, YAMADA Yuichiro, HARUTA Shoji, HAGIWARA Nobuhisa:  An autopsy case of Giant cell myocarditis showing shared pathology in the myocardium and skeletal muscles.  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology  42 (Sep - Oct) :10-14 , 2019.5   DOI:10.1016/j.carpath.2019.05.003
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 川西邦夫、澤田杏理、堀田茂、種田積子、奥見雅由、渕之上昌平、服部元史、石田英樹、田邉一成、新田孝作、本田一穂、小池淳樹、長嶋洋治: Proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin G deposits (PGNMID)における糸球体血管内皮障害の検討.  第65回日本病理学会秋期特別総会,  つくば,  2019/11
2. ◎種田積子: 腎生検カンファレンス 病理コメンテーター.  第49回日本腎臓学会 東部学術大会,  東京,  2019/10
3. 種田積子: 「妊娠高血圧症候群と腎病変」:妊娠高血圧腎症の病理.  2) 第40回日本妊娠高血圧学会学術集会,  大宮,  2019/09
4. ◎田村友美, 種田積子, 奥見雅由, 神澤太一, 海上耕平, 角田洋一, 堀田茂, 小池淳樹, 本田一穂, 石田英樹, 新田孝作, 田邉一成: 消化管穿孔による免疫抑制薬中止により慢性活動性T細胞性拒絶を認めたPrune belly症候群の一例.  移植腎病理研究会・第23回学術集会,  名古屋,  2019/07
5. ◎吉澤佐恵子, 宇都健太, 明石慶子, 廣瀬織江, 種田積子, 小田秀明: 高齢者における潜在性心アミロイドーシスの検討.  第108回日本病理学会総会,  東京,  2019/05
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者