<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 臨床検査科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   佐藤 麻子
助教:
   菅野 宙子
■ 概要
臨床検査科
医学の急速な進歩により、病院での日常診療も大きく変貌している。診断医学も治療医学も格段に進歩し、適切な治療のためには正確な診断が必要で、また診断においては病歴と診察所見に加え、相補的かつさらなる客観的情報を提供する臨床検査が重要である。この臨床検査は発展の一途をたどり、病気の診断だけでなく、治療の効果判定、さらに予防医学の領域においても中心的役割を果たしている。現代医療は臨床検査なくしては成立せず、検査は医療の根幹をなすといわれる。
臨床検査科として、以下の点について重点を置いている。(1)臨床検査の実践において必要な概念、理論、技術を俯瞰できる。(2)今後の臨床検査の医師に必要とされる知識、検査技術の基礎となる医学知識などを理解する。(3)臨床現場における医療チームとしての医師・臨床検査技師の育成をする。
現在、中央検査部として、また糖尿病内科などと連携し、臨床研究も複数進行中である。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 0  0 4 0 0  0 4  0 1  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sato Asako, Yada Sayo, Hosoba Emiko, Kanno Hiroko, Miura Hitomi:  Establishment of glycated albumin unit conversion equation from the standardized value (mmol/mol)to the routinely used value (%).  Annals of clinical biochemistry  0 (0) :0-0 , 2018.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐藤麻子:  高齢者糖尿病の血糖管理目標と検査.  微研ジャーナル友  3-8.  株式会社江東微生物研究所,  東京都, 2018.10
2. 佐藤麻子:  閉経と糖代謝異常.  臨床検査  905-909.  医学書院,  東京都, 2018.8
3. 佐藤麻子:  インスリン療法が始まった患者に、食事療法の内容変更は必要でしょうか?インスリン療法の特性と食事療法との関係を教えてください。.  栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズ Vol.8
糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 実践編  95-99.  医師薬出版株式会社,  東京都, 2018.4
4. 菅野宙子:  薬物療法が始まった患者に、食事療法の内容変更は必要でしょうか また、薬物の種類により考慮すべきことはありますか.  栄養指導・管理のためのスキルアップシリーズvol. 8 糖尿病の最新食事療法のなぜに答える 実践編  88-94.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Sato Asako: Measurement and clinical application of HbA1c in Japan.  LMCE 2018 and KSLM 59th annual meeting,  Korea,  2018/11
2. 佐藤麻子: 糖尿病病態把握のための検査.  第65回日本臨床検査医学会学術集会ランチョンセミナー18,  東京都,  2018/11
3. ◎菅野宙子, 細羽恵美子, 馬場園哲也, 佐藤麻子: 2型糖尿病のレムナントリポ蛋白コレステロールの由来についての考察.  東京,  東京,  2018/11
4. 佐藤麻子: 血糖コントロールマーカーの最近の話題.  日本臨床検査自動化学会第50回大会 サテライトセミナー3,  神戸市,  2018/10
5. 菅野宙子, 馬場園哲也, 佐藤麻子: レムナントリポ蛋白コレステロールの由来と その糖尿病におよぼす影響.  第61回日本糖尿病学会年次学術集会,  東京,  2018/05
6. 佐藤麻子: 血糖コントロールの指標と目標値.  東京都女医会,  東京都,  2018/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者