<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 膠原病リウマチ痛風センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   谷口 敦夫
   山中 寿
   針谷 正祥
准教授:
   川口 鎮司
   猪狩 勝則
   小竹 茂
   中島 亜矢子
講師:
   市川 奈緒美
   勝又 康弘
   立石 睦人
   田中 榮一
   堤野 みち
   布村 多佳子
   古谷 武文
   矢野 紘一郎
助教:
   市田 久恵
   塚原 聡
   岡本 明子
   落合 萌子
   川澄 日出長
   肥沼 直子
   小橋川 剛
   根田 直子
   斉藤 朝海
   佐久間 悠

   杉本 直樹
   鈴木 拓
   谷 諭美
   土岐 尋江
   栃原 まり
   中山 政憲
   仁科 浩和
   西野 彰
   花岡 成典
   樋口 陽子

   平原 慎也
   廣島 亮
   星 大介
   馬嶋 雅子
   三箇島 吉統
   宮脇 素子
   望月 猛
   山口 麗
   酒井 良子
■ 概要
膠原病リウマチ痛風センターは
膠原病リウマチ痛風センターは整形外科系の医師と内科系の医師が協力しながら、リウマチ性疾患の診療と研究に当たっており、世界最大級のリウマチ性疾患診療施設という専門性の高さから、全国より患者さんをお迎えして日々の診療を行なっています。
外来はすべて予約制です。内科、整形外科、小児科が同じ場所で診療を行い、互いに得意な部分を受け持ち、協力しあうのが本センターの特徴です。
また薬物による副作用を常にモニターし、最小限に留めています。膠原病、関節リウマチ、痛風の診療を専門とし、それと関連した運動器の疾患(一般にリウマチ性疾患と呼ぶ)の診断、治療を総合的に行います。
薬物治療、リハビリテーション、教育による治療が主でありますが、必要な場合には手術治療も同じ施設で行います。難治といわれるリウマチ性疾患をトータルにケアする施設です。小児リウマチの専門的診療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 0 1 1 3  0 1 0 0  5 3  0 0  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yuki Ichimura, Yasushi Kawaguchi*, Kae Takagi, Akiko Tochimoto, Tomoaki Higuchi, Sayuri Kataoka, Yasuhiro Katsumata & Hisashi Yamanaka:  Capillary abnormalities observed by nailfold videocapillaroscopy in Japanese patients with systemic sclerosis.  Modern Rheumatology  28 (4) :1-3 , 2018.6
2. Shimizu Yoko, Tanaka Eiichi, Inoue Eisuke, Shidara Kumi, Sugimoto Naoki, Seto Yohei, Nakajima Ayako, Momohara Shigeki, Taniguchi Atsuo, Yamanaka Hisashi:  Reduction of methotrexate and glucocorticoids use after the introduction of biological disease-modifying anti-rheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis in daily practice based on the IORRA cohort.  Modern rheumatology  28 (3) :461-467 , 2018.5
3. Sruamsiri Rosarin, Mahlich Jörg, Tanaka Eiichi, Yamanaka Hisashi:  Productivity loss of Japanese patients with rheumatoid arthritis - A cross-sectional survey.  Modern rheumatology  28 (3) :482-489 , 2018.5
4. Yago Toru, Nanke Yuki, Kawamoto Manabu, Kobashigawa Tsuyoshi, Yamanaka Hisashi, Kotake Shigeru:  IL-35 inhibits human osteoclastogenesis from monocytes induced by receptor-activator of NF-κB ligand.  Central-European journal of immunology  43 (2) :148-154 , 2018
総説及び解説
1. 宮前多佳子, 谷諭美:  5. リウマチ・膠原病
若年性特発性関節炎(少関節型・多関節型).  小児科診療  81 (増刊号) :278-281 , 2018.4
2. 宮前多佳子:  5. リウマチ・膠原病
若年性線維筋痛症.  小児科診療  81 (増刊号) :320-322 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山中寿:    関節リウマチのことがよくわかる本  1-98.  講談社,  東京, 2018.12
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎岸 崇之, 谷 諭美, 宮前多佳子, 山中 寿, 永田 智: 抗SS-A/Ro抗体陽性の若年発祥関節炎の2例.  第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/10
2. ◎谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 永田 智, 山中 寿: MRSA感染、抗菌薬投与により症状が修飾されたBechet病の3例.  第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/10
3. ◎谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 永田 智, 山中 寿: 若手優秀演題奨励賞候補演題
MRSA感染、抗菌薬投与により症状が修飾されたBechet病の3例.  第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/10
4. ◎宮前多佳子: リウマチ性疾患における移行期医療.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
5. ◎宮前多佳子: 若年性特発性関節炎における移行医療の現状と目標.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
6. ◎Ichimura Yuki, Kawaguchi Yasushi, Takagi Kae, Okamoto Akiko, Higuchi Tomoaki, Yamanaka Hisashi: 当科における全身性強皮症における重症偽性腸閉塞の臨床的特徴.  第62回日本リウマチ学会総会・学術総会,  東京、日本,  2018/04
7. ◎高木香恵, 川口鎮司, 川本学, 市村裕輝, 岡本明子, 深澤千賀子, 山中寿: 全身性強皮症(systemic sclerosis;SSc)におけるTET(tem eleven translocation)遺伝子の関与.  第62回日本リウマチ学会総会・学術総会,  東京、日本,  2018/04
8. ◎花谷あき, 宮前多佳子, 川本学, 谷 諭美, 岸 崇之, 川口鎮司, 山中 寿, 永田 智: 発熱パターン別にみた自己炎症性疾患遺伝子の診断率
-発症年齢16歳未満症例における検討-.  第62回日本リウマチ学会総会・学術集会,  東京,  2018/04
9. ◎橋詰拓摩, 湯浅綾乃, 道下麻未, 谷諭美, 岸崇之, 宮前多佳子, 永田智: 股関節痛から寝たきりになっ強直性脊椎炎の15歳男子.  第3回 副都心小児科カンファレス,  東京,  2018/11
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者