<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 膠原病リウマチ痛風センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   谷口 敦夫
   山中 寿
   針谷 正祥
准教授:
   川口 鎮司
   猪狩 勝則
   小竹 茂
   中島 亜矢子
講師:
   市川 奈緒美
   勝又 康弘
   立石 睦人
   田中 榮一
   堤野 みち
   布村 多佳子
   古谷 武文
   矢野 紘一郎
助教:
   市田 久恵
   塚原 聡
   大澤 彦太
   岡本 明子
   岡本 祐子
   落合 萌子
   川澄 日出長
   小橋川 剛
   斉藤 朝海
   佐久間 悠

   杉本 直樹
   鈴木 拓
   谷 諭美
   土岐 尋江
   栃原 まり
   中山 政憲
   仁科 浩和
   花岡 成典
   樋口 陽子
   平原 慎也

   廣島 亮
   星 大介
   三箇島 吉統
   宮脇 素子
   村越 薫
   望月 猛
   山口 麗
   酒井 良子
■ 概要
膠原病リウマチ痛風センターは
膠原病リウマチ痛風センターは整形外科系の医師と内科系の医師が協力しながら、リウマチ性疾患の診療と研究に当たっており、世界最大級のリウマチ性疾患診療施設という専門性の高さから、全国より患者さんをお迎えして日々の診療を行なっています。
外来はすべて予約制です。内科、整形外科、小児科が同じ場所で診療を行い、互いに得意な部分を受け持ち、協力しあうのが本センターの特徴です。
また薬物による副作用を常にモニターし、最小限に留めています。膠原病、関節リウマチ、痛風の診療を専門とし、それと関連した運動器の疾患(一般にリウマチ性疾患と呼ぶ)の診断、治療を総合的に行います。
薬物治療、リハビリテーション、教育による治療が主でありますが、必要な場合には手術治療も同じ施設で行います。難治といわれるリウマチ性疾患をトータルにケアする施設です。小児リウマチの専門的診療も行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 4 3 2 9  0 6 0 1  36 23  0 5  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamanaka Hisashi, Kishimoto Mitsumasa, Pappas Dimitrios A, Greenberg Jeffrey D, Kremer Joel M, Tanaka Yoshiya:  Design characteristics of the Corrona Japan rheumatoid arthritis registry.  Modern rheumatology  28 (1) :95-100 , 2018.1
2. Miyamae Takako, Takei Syuji, Itoh Yasuhiko, Yamanaka Hisashi:  Survey of attitudes of non-pediatric rheumatologists among councilors of the Japan College of Rheumatology regarding transitional care.  Modern rheumatology  27 (6) :1047-1050 , 2017.11
3. Kojima Masayo, Nakayama Takeo, Otani Takashi, Hasegawa Mieko, Kawahito Yutaka, Kaneko Yuko, Kishimoto Mitsumasa, Hirata Shintaro, Seto Yohei, Endo Hirahito, Ito Hiromu, Kojima Toshihisa, Nishida Keiichiro, Matsushita Isao, Tsutani Kiichiro, Igarashi Ataru, Kamatani Naoyuki, Miyasaka Nobuyuki, Yamanaka Hisashi:  Integrating patients' perceptions into clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan.  Modern rheumatology  27 (6) :924-929 , 2017.11
4. MOCHIZUKI Takeshi, YANO Koichiro, IKARI Katsunori, HIROSHIMA Ryo, KAWAKAMI Kosei, KOENUMA Naoko, ISHIBASHI MIna, MOMOHARA Shigeki:  Effects of denosumab treatment on bone mineral density and joint destruction in patients with rheumatoid arthritis.  Journal of bone and mineral metabolism  :28681148 , 2017.7
5. Harada Sayoko, Sakai Ryoko, Hirano Fumio, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi,:  Association Between Medications and Herpes Zoster in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis: A 5-year Prospective Cohort Study.  The Journal of rheumatology  44 (7) :988-995 , 2017.7
6. Shidara Kumi, Nakajima Ayako, Inoue Eisuke, Hoshi Daisuke, Sugimoto Naoki, Seto Yohei, Tanaka Eiichi, Ikari Katsunori, Taniguchi Atsuo, Yamanaka Hisashi:  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice.  Modern rheumatology  27 (3) :430-434 , 2017.5
7. 山中寿、落合大樹、田邊康祐:  将来の医療におけるバイオシミラーの意義.  最新医学  72 (4) :149-159 , 2017.4
8. Shimizu Yoko, Nakajima Ayako, Inoue Eisuke, Shidara Kumi, Sugimoto Naoki, Seto Yohei, Tanaka Eiichi, Momohara Shigeki, Taniguchi Atsuo, Yamanaka Hisashi:  Characteristics and risk factors of lymphoproliferative disorders among patients with rheumatoid arthritis concurrently treated with methotrexate: a nested case-control study of the IORRA cohort.  Clinical rheumatology  :in press , 2017.4
9. Yamanaka Hisashi, Kishimoto Mitsumasa, Pappas Dimitrios A, Greenberg Jeffrey D, Kremer Joel M, Tanaka Yoshiya:  Design characteristics of the Corrona Japan rheumatoid arthritis registry.  Modern rheumatology  :1-6 , 2017.4
10. Nanke Y, Kobashigawa T, Yago T, Kawamoto M, Yamanaka H, Kotake S.:  Positive correlation of RANK expression on human monocytes with age : RANK expressed on human monocytes may play a role in senile osteoporosis.  Journal of Osteoporosis and Physical Activity  2017 (5) :1 , 2017
総説及び解説
1. 堤野みち、山中 寿:  その他の経口抗リウマチ薬.  分子リウマチ治療  10 (4) :28-31 , 2017.11
2. Yago Toru, Nanke Yuki, Kawamoto Manabu, Kobashigawa Tsuyoshi, Yamanaka Hisashi, Kotake Shigeru:  IL-23 and Th17 Disease in Inflammatory Arthritis.  Journal of clinical medicine  6 (9) :piiE81 , 2017.8
3. Kotake Shigeru, Yago Toru, Kobashigawa Tsuyoshi, Nanke Yuki:  The Plasticity of Th17 Cells in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis.  Journal of clinical medicine  6 (7) :piiE67 , 2017.7
4. Nanke Yuki, Yago Toru, Kotake Shigeru:  The Role of Th17 Cells in the Pathogenesis of Behcet's Disease.  Journal of clinical medicine  6 (7) :piiE74 , 2017.7
5. 高木香恵:  全身性エリテマトーデス様症状を呈する原発性免疫不全症.  炎症と免疫  25 (4) :49-53 , 2017.6
6. 山中寿:  乳酸菌が尿酸値を下げる?ヨーグルトを用いた血清尿酸値低下への試み.  糖尿病診療マスター  15 (6) :525-528 , 2017.6
症例報告
1. 水落清, 宮前多佳子, 柳下友映, 谷諭美, 花谷あき, 鏑木陽一郎, 千葉幸英, 鶴田敏久, 桑澤隆補, 山中寿, 永田智:  齲歯多発に口腔内細菌の関連を認めた原発性 Shӧgren症候群の1例.  小児リウマチ  8 (1) :18-21 , 2018.1
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山中 寿:  関節リウマチ.  診療ガイドライン UP-TO-DATE  599-604.  メディカルレビュー者,  東京, 2018.1
2. 中島 亜矢子:  【高尿酸血症-基礎・臨床の最新知見-】 高尿酸血症の臨床 高尿酸血症の治療 薬物療法 痛風発作治療薬.  日本臨床  1878-1882.  (株)日本臨床社,  東京, 2017.12
3. 山中 寿:  高尿酸血症・痛風治療薬.  Pocket Drugs  429.  医学書院,  東京, 2017.12
4. 山中 寿:  関節リウマチ診療ガイドライン2014.  関節リウマチ  191-197.  最新医学社,  大阪, 2017.8
5. 山中寿:  結晶誘発性関節炎(痛風と儀痛風).  内科学  1285-1287.  朝倉書店,  東京, 2017.6
6. 小竹 茂、南家由紀、川本 学、八子 徹、小橋川剛、菊池華恵、山中 寿:  発症早期・未治療関節リウマチ患者の末梢血中には可溶性TCTA蛋白由来産物濃度が上昇している.  紀要36, 2015年度報告書  82-83.  東京女子医科大学総合研究所運営委員会,  東京, 2017
7. Nanke Y, Kotake S:  Bechet's disease.  Joint involvement and synovial pathology  137-148.  In Tec,  Croatia, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Takagi Kae, Ichimura Yuki, Kawaguchi Yasushi: SIRT1 (SIRTUIN1) GENE POLYMORPHSM IS ASSOCIATED WITH PULMONARY ARTERIAL HYPERTENSION (PAH) AND DIGITAL ULCERS IN JAPANESE
SYSTEMIC SCLEROSIS.  5th Systemic Sclerosis World Congress,  Bordeaux, France,  2018/02
2. Kobashigawa T, Nanke Y, Yamanaka H, Kotake S.: The difference between? Behcet's disease (BD) criteria of ICBD and that of ISG in our BD patients fulfilled Japanese criteria.  ACR/ARHP Annual Meeting in San Diego,  CA,  2017/11
3. Kobashigawa T, Nanke Y, Yamanaka H, Kotake S.: Anti-Neutrophil Cytoplasmic Antibody (ANCA) in our Japanese Patients with Behcet's Disease.  The 18th International Vasculitis & ANCA Workshop,  Tokyo,  2017/09
4. ◎Tochihara Mari, Katsumata Yasuhiro, Okamoto Yuko, Kawaguchi Yasushi, Yamanaka Hisashi: PREGNANCY OUTCOME IN JAPANESE PATIENTS WITH SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS: A RETROSPECTIVE STUDY OF 134 PREGNANCIES.  Annual European Congress of Rheumatology EULAR,  London,  2017/06
5. Kobashigawa T, Nanke Y, Yamanaka H, Kotake S.: The of efficacy tacrolimus against intestinal Behcet's disease.  The 7th East Asian Group of Rheumatology (EAGOR),  Tokyo,  2017/06
6. ◎谷諭美, 宮前多佳子, 千葉幸英, 永田智, 山中寿: 関節痛を有しない若年性特発性関節炎(JIA)多関節型の3症例.  第642回日本小児科学会東京都地方会講話会,  東京,  2018/01
7. ◎花谷 あき, 谷 諭美, 原 拓麿, 宮前 多佳子, 永田 智, 山中 寿: 月経周期との発作同調性を認めた家族性地中海熱の2例.  第26回日本小児リウマチ学会,  千葉,  2017/10
8. KobashigawaTsuyoshi, NankeYuki, YamanakaHisashi, KotakeShigeru: 関節リウマチが疑われた抗クラミジア・トラコマティスIgG/A抗体両陽性の単関節滑膜炎の1例.  第27回日本脊椎関節炎学会,  高知,  2017/09
9. KobashigawaTsuyoshi, NankeYuki, YamanakaHisashi, KotakeShigeru: (第2報)ADA40mg/週で軽快したnr-axSpAの1例.  第27回日本脊椎関節炎学会,  高知,  2017/09
10. 八子 徹, 南家 由紀, 川本 学, 小橋川 剛, 山中 寿, 小竹 茂.: A3アデノシン受容体アゴニストはヒト破骨細胞形成を抑制する.  第17回骨関節ホーラム,  東京,  2017/09
全件表示(64件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者