イワドウ カズヒロ   IWADOH Kazuhiro
  岩藤 和広
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   非常勤講師
言語種別 日本語
発表タイトル 腎移植後の腎機能の評価
会議名 日本透析医学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎岩藤和広, 甲斐耕太郎, 三宮彰仁, 村上徹, 小山一郎, 北島久視子, 中島一朗, 渕之上昌平
発表年月日 2013/06/23
開催地
(都市, 国名)
福岡
概要 【目的】移植前と移植時のデータより腎移植後のCr値の推測を試みた。
【方法】2007〜2012年に施行した成人の生体腎移植470例のうち術後経過良好なRecipient 202名を選び、Donorの年齢・性別・体重・Cr値・2hrCcr・グラフト重量とReの年齢・性別・体重・透析期間・血液型適合性・全/温阻血時間・初尿時間より、7PODのCr値を推測する数式を統計的に算出し検討した。【結果】Donorの年齢・Cr値・腎重量とRecipientの年齢・性別・体重がCr値の決定により重要な因子で、それらを変数とする推定式によるCrの推定値と実際の観測値の誤差の平均は—0.012±0.30mg/dlだった。推定Cr値は腎重量とRecipientの年齢に負の相関が、他の4因子には正の相関が見られた。【考察】移植後Cr値の推定式では、Donorの体重よりも腎重量が、2hrCcrよりもCr値の方がより重要な因子で、透析期間・2hrCcr・阻血時間・血液型適合性等の関与は低かった。