イワドウ カズヒロ   IWADOH Kazuhiro
  岩藤 和広
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   非常勤講師
言語種別 日本語
発表タイトル 腎移植患者の悪性腫瘍—臓器別発生頻度—
会議名 第46回日本臨床腎移植学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎岩藤和広, 甲斐耕太郎, 三宮彰仁, 村上徹, 小山一郎, 北島久視子, 中島一朗, 服部元史, 田邊一成, 渕之上昌平
発表年月日 2013/01/31
開催地
(都市, 国名)
千葉
学会抄録 ブログラム・抄録集 166
概要 【目的】免疫抑制療法により、一般人口の発がん率と比較して、臓器毎にどの程度発がん率が高まるかの報告は、本邦において少ない。【方法】 1971~2007年に当施設で腎移植を受けた2,422例の移植後の発がんを調査し、臓器別発がん率を調べた。また、国立がん研究センターがん対策情報 センターによるがん罹患データに基づいて、臓器別にがん罹患者数の標準化罹患比(SIR)を算出し検討した。【結果】125例の発がんを認め、全臓器での 発がん率は5.16%、SIRは2.004だった。臓器別では、乳房(1.26%)、自己腎(1.07%)、子宮(1.03%)、大腸(0.66%)、胃 (0.41%)、皮膚(0.37%)等の順であった。SIRは、腎・尿路(20.94)、皮膚(16.32)、子宮体部(6.79)、脳(5.77)、膀 胱(5.11)、PTLD(4.20) 等の順に高かったが、胃(1.16)、乳房(0.97)、卵巣(0.68)、肺(0.56)、子宮頸部(0.52)等は低かった。【考察】腎移植患者の発 がん率は一般人口の約2倍で、腎・尿路系、皮膚、子宮体部、PTLDなどは、SIRが4.20~20.94のため発がん率も高かった。乳房や胃はSIRは 低いが一般人口の発がん率が高いため移植後の発がん率も高いが、子宮頸部、肺、卵巣などはSIRも低値で発がん率は低く、臓器により免疫抑制のリスクは異 なることが示唆された。