ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル 摘出意思決定に有用な術中フローサイトメトリーを用いた脳腫瘍迅速病理診断
会議名 第30回日本サイトメトリー学会学術集会 「誌上開催」
学会区分 全国規模の学会
招聘 招聘
発表形式 口頭
講演区分 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
発表者・共同発表者◎村垣善浩, 齋藤太一, 塩山高広, 鈴木あかね, 郡山峻一, 新田雅之, 丸山隆志, 小森隆司, 川俣貴一
発表年月日 2020/05/30
開催地
(都市, 国名)
オンライン(大阪)
学会抄録 第30回日本サイトメトリー学会学術集会プログラム・抄録集 22
概要 第30回日本サイトメトリー学会学術集会(5月30日~5月31日・関西医科大学)は、「誌上開催」とすることを決定致しました。
テーマ:AI時代におけるサイトメトリー
会 長:淺井 昭雄 教授(関西医科大学 脳神経外科)
副会長:上野 博夫 教授(関西医科大学 実験病理学)
フローサイトメトリーは基礎実験で頻用される測定機器であり、悪性新生物の細胞周期解析に古くから用いられ、河本らは1970年代に脳腫瘍の臨床検体を用いた術後解析の結果を報告している。一方我々は、細胞単離・細胞核の染色・測定を全自動で行うフローサイトメータ装置を開発した。本装置に、小組織断片をPI含む試薬に入れると、全細胞数とDNAヒストグラム、そして2Cピークより右側の“増殖期”に含まれる細胞数(S, G2, M)/全細胞数の比(%)をMalignancy Index (MI)を表示する。このMIの上昇はDNA Aneuploidyの出現や増殖期細胞の増加を意味する。大きな特徴は、DNA量解析に特化し、プロセスを徹底的に見直すことで、従来30分以上を要する解析を10分以内で行えることである