ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル 機械学習による予測に寄与した特徴量抽出のための相関分析手法を用いた要因分析技術
会議名 第22回日本医療情報学会春季学術大会
主催者 (一社)日本医療情報学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎鈴木 麻由美, 柴原琢磨, 村垣善浩
発表年月日 2018/06/22
開催地
(都市, 国名)
新潟市
学会抄録 医療情報学 38(6),351-357 2019
日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集 54-55
概要 *機械学習,ゲノミクス [KA1] 一般口演A
2018年6月22日(金) 10:50 〜 11:30 第1会場 (2階・メインホール)
座長:畠山 豊(高知大学医学部附属医学情報センター)
SVMやdeep neural networkなどの新しい機械学習手法により予測精度は向上したが、これらの手法は非線形な機械学習モデルを利用するため、予測の根拠に関する説明性に欠ける。予測の根拠の説明性が向上することにより、予測結果の信頼性も向上する。そこで、非線形な機械学習モデルにおいても、予測に利用された特徴量の提示を可能にする要因分析技術を提案した。要因分析技術では、逆解析技術により算出した機械学習モデルの事後確率分布に対し、因子解析技術により非線形な相関関係の評価を行うことにより、アウトカムとの相関が強い特徴量を抽出する。前立腺腫瘍患者と健常者の遺伝子発現データを用いた実験を行い、前立腺腫瘍や細胞死などとの関連性が指摘されている遺伝子を抽出した。今後、因子解析技術が抽出する特徴量の特性の検証や、本実験により抽出された遺伝子を用いた臨床研究が期待される

2019.02原著論文 医療情報学02898055 38-6 T227190003<Pre 医中誌>