ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
言語種別 日本語
発表タイトル 低悪性度神経膠腫における全エクソン解析によるサブクローンからの経時的悪性化進展の解明
会議名 日本脳神経外科学会第73回学術総会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
発表者・共同発表者◎夏目敦至, 鈴木啓道, 青木恒介, 大岡史治, 本村和也, 中村英夫, 溝口昌弘, 昌弘竜也, 村垣善浩 , 若林俊彦, 真田昌, 小川誠司
発表年月日 2014/10/10
開催地
(都市, 国名)
東京都
学会抄録 日本脳神経外科学会第73回学術総会  
概要 背景:低悪性度神経膠腫は、異型腫瘍細胞の増生と正常脳への浸潤が特徴づけられ、多段階的に二次性膠芽腫などを10数年かけて形成する。本研究では、がんの分子機構が大きく異なった腫瘍群(マイナークローン)が混在していると仮説し、腫瘍細胞における遺伝子変異やその進展の多様性を明らかにすることを目的とする。方法と結果:全国の施設の協力を得て集積した神経膠腫およびマッチした血液からゲノムDNAを採取し、54腫瘍/血液ペアで全エクソン解析を行い、これまでに報告のない遺伝子変異を同定し、米国でのTCGAサンプルセット420例でvalidationを行った。さらに、本邦の他の351腫瘍/血液ペアでtargeted deepシークエンスを行い、そのアレル頻度を詳細に検討した。さらに低悪性度神経膠腫から高悪性度神経膠腫に進展した14例につき、変異遺伝子の順位を同定するとともに、単一腫瘍における不均一な遺伝的進展様式を明らかにした。結語:腫瘍細胞における遺伝子変異やその進展の多様性が明らかとなった。ほとんどの腫瘍においてはある一連の変異をもったsubcloneが様々なセレクションをうけて生き残り増大する。それゆえ,悪性化・転移・再発はclonalに起こると考えられている。これらのsubcloneを解析することによって(特に治療前後の)再発のメカニズムや治療の成功性などが明らかになると考えられる。ほとんどの腫瘍においてはある一連の変異をもったsubcloneが様々なセレクションをうけて生き残り増大する。それゆえ、悪性化・転移・再発はclonalに起こると考えられている。これらのsubcloneを解析することによって(特に治療前後の)再発のメカニズムや治療の介入などが明らかになると考えられる。