ヤギシタ ダイゴ   YAGISHITA Daigo
  柳下 大悟
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   助教
言語種別 日本語
発表タイトル 超高周波成分の細動波を示す KCNQ1+SCN5A 重複変異を伴う家族性心房細動の 1 例
会議名 第67回日本心臓病学会学術集会
主催者 日本心臓病学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎金井美和, 庄田守男, 豊原啓子, 片岡翔平, 矢崎恭一郎, 樋口諭, 柳下大悟, 江島浩一郎, 萩原誠久
発表年月日 2019/09/15
開催地
(都市, 国名)
名古屋市
概要 *一般演題(口演):ケースから学ぶ 25
不整脈(1)

症例は 4 歳男児.母親は永続性心房細動.胎児徐脈があり,38週 1 日に帝王切開で出生.生来房室接合部調律による徐脈で経過し,4 歳時に経静脈的ペースメーカー植込みの方針とした.12 誘導心電図は P 波がなく洞停止 + 接合部調律と考え,心房リードを右房に挿入すると AA 間隔が 32ms~67ms(約 30Hz)の細動波を認めたので心房ペーシングからヒス束ペーシングに変更しリードを留置した.一般的に心房細動波間隔は約 120~171ms(約 6Hz) と報告されているが,本症例のように超高頻度の細動波は稀有である.KCNQ1+SCN5A の重複変異を伴う家族例における心房細動は,通常の発症メカニズムとは異なることが考えられ,若干の文献的考察を加えて報告する.