サイトウ チヒロ   SAITO Chihiro
  齋藤 千紘
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   助教
言語種別 日本語
発表タイトル 両心室心筋内に転移した食道胃接合部癌の一例
会議名 日本超音波医学会第90回学術集会
主催者 日本超音波医学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 一般
発表者・共同発表者◎齋藤千紘, 新井光太郎, 谷野紗恵, 矢川陽介, 福島賢慈, 成宮孝祐, 芦原京美, 山本雅一, 萩原誠久
発表年月日 2017/05/27
開催地
(都市, 国名)
宇都宮市
概要 症例は 64 歳男性.62 歳時,嘔吐を主訴に受診.食道胃接合部癌の診断で,左開胸開腹食道胃切除術を受けた.病理診断は低分化腺癌であった.術後再発なく経過していたが,約 2 年後に労作時息切れが出現した.以前の心電図と変化を認めたため,心エコー図検査を施行した.経胸壁心エコー図検査では,両心室の中部から心尖部にかけて心室中隔を越えて,内部エコー輝度が不均一な大きさ約 57× 50 mm の巨大な腫瘤を認めた.境界は不明瞭であり,心筋内浸潤を疑った.心室内の明らかな加速はないものの中部から心尖部にかけての腫瘤によって心尖部肥大型心筋症様の形態を示した.冠動脈 CT では,冠動脈に有意狭窄はなく,右冠動脈,左冠動脈対角枝,回旋枝より栄養血管を認めた.心筋生検での病理所見では,腫瘍は低分化であるものの組織型の判断は困難であり,病歴から胃食道接合部腺癌の転移が疑われた.また,FDG-PET/CT 検査では食道胃切除後の吻合部付近に異常な腫瘤や FDG の異常集積はなく,また頸部や縦隔含めリンパ節転移を疑わせる所見も認めなかった.よって,転移様式に関しては,血行性またはリンパ行性に心筋内に達したものと考えられている.心筋内に大きく浸潤していることから切除困難であり,放射線治療および化学療法を行い経過観察中である.心エコー図検査をきっかけに発見された血行性またはリンパ行性に両心室心筋内に転移した食道胃接合部癌を経験したため,貴重な症例と考え報告する.