コオリヤマ シユンイチ   KORIYAMA Shunichi
  郡山 峻一
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   助教
言語種別 日本語
発表タイトル 単施設一貫プロトコールによるG2/3神経膠腫 636例の長期治療成績 -グレード、遺伝子型、摘出率と予後との相関-
会議名 日本脳神経外科学会第80回学術総会
主催者 一般社団法人 日本脳神経外科学会
学会区分 全国規模の学会
発表形式 口頭
講演区分 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
発表者・共同発表者◎新田雅之, 村垣善浩, 生田聡子, 郡山峻一, 齋藤太一, 小森隆司, 増井憲太, 都築俊介, 福井敦, 桑野淳, 川俣貴一
発表年月日 2021/10/28
開催地
(都市, 国名)
横浜現地開催+Web 併催
開催期間 2021/10/27~2021/10
学会抄録 日本脳神経外科学会第80回学術総会 プログラム・抄録集
概要 サブスペシャルティシンポジウム 8
神経膠腫の分子診断と治療戦略
2021-10-28 08:20 - 10:00 B会場 | 会議センター 1F メインホール
[座長] 阿部 竜也(佐賀大学脳神経外科)
[座長] 西川 亮(埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科)
[座長] 廣瀬 雄一(藤田医科大学脳神経外科)
緒言)WHO2016分類で分子マーカーが神経膠腫に取り入れられ、3つの遺伝子型に分類され、遺伝子型間、グレード間での予後の違いが議論されている。各遺伝子型における摘出率と予後の相関も明確ではない。今回、当施設において手術および治療を行った初発Lower Grade Glioma (LrGG)の遺伝子型別予後、摘出率と予後の相関を検討した。