ヌノダ シンイチ   SHINICHI NUNODA
  布田 伸一
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 その他
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【徹底ガイド 心不全Q&A プレホスピタルから慢性期まで】退院前から慢性期 難治性心不全に対する心移植
掲載誌名 正式名:救急・集中治療
略  称:救急集中治療
ISSNコード:13460935
掲載区分国内
出版社 (株)総合医学社
巻・号・頁 22(1-2),221-226頁
著者・共著者 布田伸一†
発行年月 2010/01
概要 Q&A/特集
<point>心移植の適応決定の際に重要なことは、除外条件である。心臓が悪ければ必ず適応となるわけではない。心移植待機期間中の精神的ケアが大切である。精神神経科医やコメディカルと一体化したケアが必要である。心移植後は新たな医療の始まりである。移植後管理は、免疫抑制療法、拒絶反応の診断と管理、感染症管理、各種薬剤の副作用管理、移植心冠動脈病変(いわゆる慢性拒絶反応)への対応等がある。心移植後の管理は、急性期には拒絶反応と感染症の予防と治療に、その後は経過とともに腎機能保持、さらに遠隔期になると、移植心冠動脈病変の進展予防と腫瘍発生予防に主眼が移行していく。(著者抄録)
文献番号 2010118491