ヌノダ シンイチ   SHINICHI NUNODA
  布田 伸一
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 【心不全治療の新展開-外科医との共働による新たな治療戦略】《心不全に対する外科治療の新展開》 心臓移植後の免疫抑制治療
掲載誌名 正式名:内科
略  称:内科
ISSNコード:00221961/24329452
掲載区分国内
出版社 (株)南江堂
巻・号・頁 108(1),95-99頁
著者・共著者 布田伸一†
発行年月 2011/07
概要 ●2010年7月17日の改正臓器移植法施行により、成人心臓移植件数は著増し、小児に対しても道は開かれた。今後わが国において心臓移植後の管理がこれまで以上に注目されてくる。●心臓移植後は、まさに拒絶反応との戦い、つまり免疫抑制治療である。1980年にciclosporinが心臓移植に使用されてから今日の心臓移植の興隆ははじまり、その後わが国で開発されたtacrolimusとともに、現在は、カルシニューリン阻害薬(ciclosporinとtacrolimus)に、核酸合成阻害薬(mycophenolate mofetil)とステロイド使用の三薬併用療法が主体である。●近年は急性拒絶反応や感染症等の急性期問題から慢性期問題(移植心冠動脈病変、悪性腫瘍、腎機能障害、等)に注目点が移っている。●慢性期の問題にはproliferation signal inhibitorであるmTOR阻害薬のeverolimusが期待される。(著者抄録)
DOI 10.15106/J00974.2011295257
文献番号 2011295257