オガワ ヒロシ   HIROSHI OGAWA
  小川 洋司
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTアナライザーi2000SRを用いたトロポニンI高感度測定試薬の基礎的検討と臨床的有用性
掲載誌名 正式名:医学と薬学
略  称:医と薬学
ISSNコード:03893898
掲載区分国内
出版社 (株)自然科学社
巻・号・頁 72(3),483-490頁
著者・共著者 小林葉子†,友田 雅己, 三浦 ひとみ, 小川洋司,萩原誠久,佐藤 麻子
発行年月 2015/03
概要 全自動化学発光免疫測定装置ARCHITECTアナライザーi2000SRを用いたアーキテクト・high sensitiveトロポニンIST試薬の基礎的検討および臨床評価を行った。本試薬は再現性、共存物質の影響、添加回収、希釈直線性、感度試験において添付文書と同様な良好な性能を示した。測定時間も15分と短いため緊急検査としても有用である。健常人189名における測定値分布の99パーセンタイル値は、男女全体で32.8pg/mL(中央値は0.6pg/mL)となり、性別では男性が女性より高い傾向を示した。また加齢に伴い有意な値の上昇がみられた。高感度トロポニンTとの乖離例解析の結果、高感度トロポニンIが骨格筋障害の影響を受けにくい可能性が示唆された。
文献番号 2015143959