サトウ アサコ   SATO Asako
  佐藤 麻子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 全自動化学発光免疫測定装置「ケミルミADVIA Centaur CP」の試薬性能評価
掲載誌名 正式名:医学と薬学
ISSNコード:03893898
掲載区分国内
出版社 (株)自然科学社
巻・号・頁 76(1),77-87頁
著者・共著者 細谷 純平, 細羽 恵美子, 小林 葉子, 高柳 嘉代, 三浦 ひとみ, 加藤 博之, 佐藤 麻子
担当区分 最終著者
発行年月 2018/12
概要 腫瘍マーカー項目であるCEA、CA19-9、CA125、AFP、PSAの全自動化学発光免疫測定装置ケミルミADVIA Centaur CPの専用試薬において試薬性能評価を行った。当院中央検査部にて腫瘍マーカーの検査依頼があった検体の残余検体を-80℃に保存したものを用いた。並行精度に関して20重測定し変動係数CV(%)を測定したところ、検討項目・コントロール全濃度において10%以内であった。室内中間精度は14日間の測定において、全検討項目で数値の連続した下降や上昇等は確認されず、安定した結果が得られた。定量限界はCEA:1.398ng/mL、CA19-9:1.875U/mL、CA125:2.168U/mL、AFP:3.300ng/mL、PSA:0.016ng/mLであった。また、希釈回収試験で全体的に良好な結果が得られ、全検討項目で実測値と希釈倍数との間に良好な直線性が確認された。
文献番号 2019140298