シガ ツヨシ   Tsuyoshi Shiga
  志賀 剛
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   客員教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【Clinical Scenarioによる急性心不全治療】 Clinical Scenario 低心拍出を伴う急性心不全 急性心不全治療薬としての強心薬のエビデンス
掲載誌名 正式名:循環器ジャーナル
略  称:循環器ジャーナル
ISSNコード:24323284
掲載区分国内
出版社 (株)医学書院
巻・号・頁 65(1),85-91頁
著者・共著者 志賀剛†
発行年月 2017/01
概要 <Point>強心薬は心筋の細胞内カルシウム濃度を上昇し,心筋収縮を強めることで心拍出量を増やす.急性心不全に対する強心薬静注は,血行動態や心不全症状を改善するが,死亡リスクを上げる.強心薬静注の適応は低心拍出量に伴う臓器・組織低灌流の症候がある心不全で,短期間の使用にとどめる.(著者抄録)
DOI 10.11477/mf.1438200014
文献番号 2017197946