ミツイシ ツヨシ
  三石 剛
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 【硬い腫瘍】 臨床例 前頸部に生じた軟骨母斑
掲載誌名 正式名:皮膚病診療
ISSNコード:0387-7531
巻・号・頁 26(4),445-446頁
著者・共著者 天野彰人, 三石剛, 川名誠司
発行年月 2004/04
概要 37歳女.出生時から右前頸部に自覚症状を欠く小結節が存在していたが,徐々に増大したため来院,初診時に右前頸部に6×4mm・高さ4mm大の正常皮膚色,表面平滑・乳頭状に隆起した弾性硬の小結節を認めた.圧痛などの自覚症状はなく,下床との可動性は良好であった.生検の結果,H-E染色では真皮から脂肪織にかけて線維性組織に囲まれた楕円形状の軟骨組織を認め,腫瘍塊は好塩基性に染色され小型の核をもつ楕円形の軟骨細胞を認めた.elastica van Gieson染色,elastica Masson Gold染色では軟骨組織の間質に豊富な弾性線維が染色されたことから弾性軟骨と診断した.以上の所見から,本症例は軟骨母斑と診断し,局所麻酔下に皮下へ連続する硬い腫瘤を全摘して単純縫縮した
文献番号 2004166877