ミツイシ ツヨシ
  三石 剛
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 【蕁麻疹・アナフィラキシー】 コチニール色素によるアナフィラキシーの1例
掲載誌名 正式名:皮膚科の臨床
ISSNコード:0018-1404
巻・号・頁 53(5),701-704頁
著者・共著者 秋山美知子, 高田香織, 若林俊輝, 三石剛, 川名誠司
発行年月 2011/05
概要 26歳女。1ヵ月前、カンパリオレンジを含む夕食摂取後、アナフィラキシーを起こして入院したエピソードがあった。カンパリソーダを含む夕食摂取から約7時間後、顔面の紅斑、腫脹、呼吸困難が出現した。エピネフリン、コハク酸メチルプレドニゾロンナトリウム等の投与により、症状は急速に改善した。後日、原因検索を行い、摂取した飲食物のプリックテストでカンパリ原液のみが陽性であった。次に、カンパリに含まれているコチニール色素の0.2%と1%の希釈系列によるブリックテストを行った結果、ともに陽性であった。健常者4名に同様のテストを行ったところ、全て陰性であった。
文献番号 2011258589