ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 Astrocytic tumorにおけるGFAP,Vimentinの染色性と増殖能との相関について
掲載誌名 正式名:神経免疫研究
ISSNコード:09151540
掲載区分国内
出版社 「脳と免疫」研究会
巻・号・頁 12,72-76頁
著者・共著者 久保長生†, 村垣善浩, 田鹿 安彦田鹿 安彦, 丸山隆志, 日山博文, 河本竹正, 堀智勝
発行年月 1999/12
概要 シソーラス用語:Vimentin; Glial Fibrillary Acidic Protein; 星状細胞腫(病理学,生化学); 染色; 脳腫瘍; 臨床病理学; 免疫組織化学; 細胞増殖
チェックタグ:ヒト
Abstract:Fibrillary astrocytoma(FA)13例,anaplastic astrocytoma(AA)18例,glioblastoma(GM)21例をGFAP,vimentin(Vim),MIB-1の免疫染色を行い,臨床像と比較した.周辺脳の反応性星細胞はGFAPで染色され,Vimは血管にのみ陽性であった.FAではGFAP陽性細胞が主体であり,Vimの染色性は低い.MIB-1の平均値は2.0%である.AAでは腫瘍細胞の細胞体がGFAPに陽性で,VimもGFAPと同様な染色態度を呈した.MIB-1の平均値は17.2%である.GMではVimの染色性が増加し,GFAPの染色性はAAよりも低下している.MIB-1の平均値は25.6%であった.GFAPとVimは星細胞系腫瘍において悪性度と相反する染色性を呈する傾向にあった
文献番号 2000200491