ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 脳腫瘍除去用Er:YAGレーザ手術システムの開発
掲載誌名 正式名:日本コンピュータ外科学会誌
ISSNコード:13449486
掲載区分国内
巻・号・頁 10(1),19-27頁
著者・共著者 中島章夫†, 岩見秀雄 , 西村巳貴則, 村垣善浩, 伊関洋
発行年月 2011/01/25
概要 現在の脳腫瘍完全摘出手術システムの欠点を補うためのツールとして、治療用レーザを用いた手術システムの開発に着手した。現在の用手的脳腫瘍除去手術システムでgliomaを95%まで除去した場合を仮定し、残り5%の残存部分にEr:YAGレーザ光照射による摘出を適用した場合、1mm以下の精密さで蒸散・止血できるレーザ手術システムを構築することが可能か検討した。ブタ脳組織に対するEr:YAGレーザ光照射時の蒸散効率および蒸散孔周囲組織への熱的影響について定量的に検討した。Er:YAGレーザを用いたシステムは、残存5%以下の脳腫瘍除去を達成するための「高い蒸散効率」と「熱損傷の少ない蒸散」が可能な脳腫瘍除去レーザ手術システムに応用可能であることが示唆された。繰り返し周波数が10Hzの条件が、高い蒸散効率と少ない熱損傷を兼ね備える条件であった。
DOI 10.5759/jscas1999.10.19
文献番号 2008284515(医中誌)