ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 【神経疾患に対するもう一つのEBM-Engineering Based Medicine】
悪性脳腫瘍に対する術中MRI・ナビゲーション・覚醒下手術
掲載誌名 正式名:Brain Medical
ISSNコード:09155759
掲載区分国内
巻・号・頁 22(3),253-260頁
著者・共著者 村垣善浩†, 伊関洋, 丸山隆志, 田中雅彦
発行年月 2010/09
概要 解説/特集
脳神経外科の進歩は手術用顕微鏡、CTなど医療機器によることが多い。近年、悪性脳腫瘍手術で術中MRIやナビゲーションが導入され、摘出コントロールと操作部位の正確な位置特定に用いられている。覚醒下手術も自動ポンプ装置や意識レベル表示装置により安全性が高まった。これら新規機器はエビデンスから導入されたわけでなく、先進的な外科医が有用性を確信して導入したEngineering Based Medicineの例である。(著者抄録)
文献番号 2011005717(医中誌)