ムラガキ ヨシヒロ   MURAGAKI Yoshihiro
  村垣 善浩
   所属   研究施設 研究施設
   職種   教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 【脳神経外科領域のPDD、PDTの進歩】
Talaporfin sodiumを用いた蛍光診断法の可能性と限界
掲載誌名 正式名:日本レーザー医学会誌
ISSNコード:02886200/18811639
掲載区分国内
巻・号・頁 32(2),139-142頁
著者・共著者 丸山隆志†, 村垣善浩, 安藤岳洋, 伊関洋, 佐久間一郎, 高倉公朋, 岡田芳和
発行年月 2011/08
概要 悪性腫瘍に対する光線力学治療(photodynamic therapy, 以下PDT)は,腫瘍親和性のある光感受性物質を投与した後,腫瘍組織にレーザー照射を行うことにより光化学反応を引き起こし,腫瘍細胞に選択的にダメージを与えることを目的とした治療手段である.脳腫瘍において最も悪性度の高い腫瘍のひとつである神経膠芽腫に対して, talaporfin sodiumを用いたPDTは放射線化学療法に加え新たな治療手段として注目されている.talaporfin sodiumは殺細胞効果を目的としたPDTとしての光感受性物質として知られているが,蛍光診断への応用の可能性については検証が行われていない.本薬剤を用いた蛍光診断法の可能性についてアミノレブリン酸(5-ALA)に用いた定量的観察方法を用いて,その有用性と限界について報告を行う.
DOI 10.2530/jslsm.32.139
文献番号 2012021683(医中誌)