シミズ ユウコ   SHIMIZU Yuko
  清水 優子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   准教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 子宮体癌により血管炎とTrousseau症候群を呈した若年性脳梗塞
掲載誌名 正式名:臨床神経学
ISSNコード:0009918X/18820654
掲載区分国内
出版社 (一社)日本神経学会
巻・号・頁 42(3),227-232頁
著者・共著者 清水 優子†*, 内山 真一郎, 森 豪志, 堤 由紀子, 竹内 恵, 岩田 誠
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2002/03
概要 子宮体癌により,Trousseau症候群と免疫異常に伴う血管炎を呈した若年性脳梗塞の症例(27歳女性)を報告する.無菌性髄膜炎の後,右頸部圧痛,右顔面のしびれ感と中枢性の軽度顔面麻痺,左上下肢のしびれ感と脱力が出現した.脳幹脳炎を疑いメチルプレドニゾロン・パルス療法を施行し軽快したが,頭部MRIで右頭頂葉に出血性脳梗塞を呈した.血小板・凝固・線溶系マーカーは著しく高値,右頸動脈の低エコー輝度プラークと血流速度の低下を認めたことから血管炎による血栓症と考え,ワルファリンとプレドニゾロンを開始した.その後,子宮体癌が発見された.子宮体癌の根治手術後,凝固亢進状態は是正され,右頸動脈の低エコー輝度プラークと血流速度は改善した
文献番号 2003138626
PMID 12474293