シミズ ユウコ   SHIMIZU Yuko
  清水 優子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 多発性硬化症におけるmizoribineの免疫抑制効果 免疫学的検査法による評価
掲載誌名 正式名:神経治療学
ISSNコード:09168443/21897824
掲載区分国内
出版社 (一社)日本神経治療学会
巻・号・頁 14(4),349-353頁
著者・共著者 太田 宏平, 清水 優子, 市川 久恵、岩田誠
担当区分 2nd著者
発行年月 1997/07
概要 多発性硬化症(MS)4例にmizoribine(MZR)150〜300mg/日を14〜18ヵ月(平均16.2ヵ月)投与し,その前後で各患者の総合障害度に加えて血清IgG,リンパ球表面マーカー(CD4+CD45RA+,CD3+HLA-DR+),末梢血単核球のムンプス抗原,ミエリン塩基性蛋白(MBP)やインターロイキン-2(IL-2)に対する反応性を測定した.更に3例ではMBP特異的T細胞の出現頻度をMZR投与前後で検定した.検討した期間では総合障害度はほぼ変わらなかった.また,MZR投与前後の血清IgG,リンパ球表面マーカー,末梢血単核球の抗原やIL-2に対する反応性等の平均値の有意な変動はなかった.しかし,血清IgGは4例中3例で低下し,CD4+CD45RA+T細胞は4例中3例で上昇を示した.MBP特異的T細胞の出現頻度は3例中2例で低下を示し,これらの結果はMZRの免疫抑制効果を反映している可能性があることを示唆した
文献番号 1998079699