シミズ ユウコ   SHIMIZU Yuko
  清水 優子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   准教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
招待の有無 招待あり
表題 生体腎移植後にHTLV-1関連脊髄症を発症した1例
掲載誌名 正式名:臨床神経学
ISSNコード:0009918X/18820654
掲載区分国内
出版社 (一社)日本神経学会
巻・号・頁 50(4),241-245頁
著者・共著者 猪瀬 悠理, 秋山 茂雄, 望月 温子, 清水 優子, 岩田 誠, 内山 真一郎
発行年月 2010/04
概要 症例は51歳男性である。生体腎移植10ヵ月後より歩行障害と感覚障害が出現し10年の経過で進行性の痙性対麻痺と排尿障害を呈した。腎移植前には陰性であったHTLV-1抗体が血清と髄液HTLV-1抗体陽性でありHTLV-1関連脊髄症(HAM)と診断した。ドナー腎のHTLV-1抗体検査が未施行であるが、移植腎からの感染の可能性がうたがわれた。インターフェロン-αで治療し、運動機能改善と髄液ネオプテリン低下をみとめた。本症例の特徴は、生体腎移植後の発症、移植後の免疫抑制薬はシクロスポリンとメチルプレドニゾロンを使用、献腎移植後にHAMを発症した症例と比較し発症までの期間が短いことである。腎移植後のHAM発症とその要因については今後の検討が必要であると考えられた。(著者抄録)
DOI 10.5692/clinicalneurol.50.241.
文献番号 2010191535
PMID 20411806