タケミヤ タカコ   TAKEMIYA TAKAKO
  竹宮 孝子
   所属   医学部 医学科
   職種   准教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 覚醒における膜型PGE合成酵素(mPGES-1)の作用
掲載誌名 正式名:不眠研究
ISSNコード:18814468
掲載区分国内
巻・号・頁 2011,61-65頁
著者・共著者 竹宮 孝子, 文沢 久美子
発行年月 2011/01
概要 プロスタグランジンE2(PGE2)が覚醒に関与することが複数の研究で示されているが、PGE2合成酵素のmPGES-1(microsomal prostaglandin E synthase-1)が覚醒に関与するかは明らかにされていない。そこで今回、ホームページ振舞自動認識システム(HomeCageScan)を用いて、mPGES-1遺伝子欠損マウス(以下;欠損マウス)における「睡眠と覚醒の割合」「覚醒時間」「覚醒時の歩行距離」を解析し、野生型マウスと比較した。その結果、欠損マウスは覚醒の割合が低く、覚醒時間が短かった。覚醒時の歩行距離は野生型マウスと有意差を認めなかった。これらの結果から、mPGES-1によって合成されるPGE2が覚醒の維持に関与している可能性が示唆された。
文献番号 2012319403