ノムラ タケシ
  野村 岳志
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 その他
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【エキスパートに学ぶSepsis敗血症バンドル】実践編 敗血症の管理ポイント エコーのベッドサイドでの積極的利用
掲載誌名 正式名:救急・集中治療
ISSNコード:13460935
掲載区分国内
出版社 (株)総合医学社
巻・号・頁 30(5),807-814頁
著者・共著者 吉田 拓也, 西周 祐美, 野村 岳志
発行年月 2018/10
概要 <point>▼敗血症ショック時の心機能は高心拍出量と低心拍出量がある。▼ショック経過中に、高心拍出量状態から低心拍出量状態に移行する場合がある。▼初期輸液蘇生中や心血管作動薬投与中も適時エコーにて心機能や血管内容量を評価する。▼敗血症時のエコーを用いた循環評価は、まず心窩部から心機能と下大静脈の定性的評価を短時間で行う。▼肺エコーでB-lineが肺の全領域で観察される場合は、肺水分量の増加を疑う。(著者抄録)
文献番号 2019078031