オガワ テツヤ   OGAWA Tetsuya
  小川 哲也
   所属   医学部 医学科(東医療センター)
   職種   教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 抗SRP抗体陽性ミオパチーに免疫グロブリン大量療法を試みた一例
掲載誌名 正式名:関東リウマチ
ISSNコード:09114807
掲載区分国内
出版社 関東リウマチ研究会
巻・号・頁 (51),123-126頁
著者・共著者 廣瀬光†*, 高木香恵*, 山下沙由里, 西村芳子, 柴田興一, 貞安令, 堀本藍, 小川哲也, 佐倉宏
発行年月 2018/02
概要 症例は44歳女性で、発熱、全身倦怠感、上下肢の筋力低下・筋痛、嚥下困難感を自覚し、入院となった。各検査所見より抗SRP抗体陽性筋症と診断した。第5病日より、ステロイドパルス療法を行い、後療法としてはPSL 50mgを開始した。第16病日より、メトトレキサート6mgを併用し、嚥下障害が強くEDチューブを挿入した。CKは順調に低下したが、筋力の改善が乏しく、自力で唾液が飲み込めないほどの著明な嚥下障害が残存したため、第71病日より免疫グロブリン大量療法を追加した。リハビリテーション病院でリハビリを継続し、自立歩行が可能になるまで改善した。治療後の嚥下造影検査では、口腔内保持可能で残留もなく、一度に嚥下できており、嚥下機能の著明な改善を認めた。
文献番号 2018248052