イナダ ケン   INADA Ken
  稲田 健
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   非常勤講師
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【治療抵抗性統合失調症患者に対するクロザピン治療における薬剤師の役割】 医師の立場から クロザピン治療を開始して3年、その現状や薬剤師に期待すること
掲載誌名 正式名:医薬ジャーナル
ISSNコード:0287-4741
巻・号・頁 49(7),1741-1746頁
著者・共著者 稲田 健
発行年月 2013/07
概要 2009年より、日本において治療抵抗性統合失調治療薬のクロザピン(クロザリル)の使用が始まった。クロザピンには代替し難い優れた効果と、時に重篤化する副作用があり、安全な使用を目指して、厳格な適応基準とモニタリング制度が設定されている。2013年2月までに、日本国内で1,337名に処方がなされ、使用経験が増加しているが、十分な普及とは言い難い。クロザピンの普及が進まない要因をまとめると、(1)副作用の重篤化を回避するためモニタリングが必須である、(2)治療抵抗性の基準に加え副作用を考慮すると適応が狭まる、(3)身体管理能力が求められる、(4)治療抵抗性統合失調症の治療には総合力が必要-といったことが考えられる。患者にも医療機関にも負担のかかる治療薬であるため、目的を共有し協働することが求められる。(著者抄録)
文献番号 2013286683