イナダ ケン   INADA Ken
  稲田 健
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   非常勤講師
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【双極性障害の精緻な薬物療法を求めて】 双極性うつ病治療における問題点 抗うつ薬、ベンゾジアゼピン系薬剤の使用は是か非か
掲載誌名 正式名:臨床精神薬理
ISSNコード:1343-3474
巻・号・頁 16(10),1463-1468頁
著者・共著者 村岡 寛之, 稲田 健, 石郷岡 純
発行年月 2013/10
概要 双極性障害うつ病相(双極性うつ病)に対する抗うつ薬やベンゾジアゼピン(benzodiazepine:BZ)系薬剤は、実臨床において用いられる機会は多いものの、警鐘を鳴らされることも少なくない。警鐘の根拠は、抗うつ薬の効果が限定的である可能性があること、躁転と急速交代型への移行と関連する可能性があること、BZ系薬剤では依存と乱用の問題、奇異反応による病態の不明瞭化を招く恐れがあることなどである。これらの問題点の指摘から、各種のガイドラインでは抗うつ薬やBZ系薬剤の使用には慎重さが求められている。(著者抄録)
文献番号 2013377502