イナダ ケン   INADA Ken
  稲田 健
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   非常勤講師
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 トピラマートの躁状態治療薬としての有用性
掲載誌名 正式名:Bipolar Disorder
巻・号・頁 9,56-63頁
著者・共著者 堤祐一郎, 春日雄一郎, 稲田健, 二階堂亜砂子, 伊坂洋子, 高橋理歩, 柴田結以, 若松和泉, 高橋晋, 辻敬一郎
発行年月 2011/05
概要 躁状態(気分高揚、精神運動興奮、易刺激性、衝動性亢進)を呈したICD-10により統合失調症、統合失調感情障害、双極性障害と診断された入院患者18名を対象に、トピラマートの躁状態治療薬としての有用性について検討した。18例中統合失調症圏が11例(61%、男性2例、女性9例)、双極性障害が7例(39%、男性2例、女性5例)であった。年齢は20歳代1名(女性)、30歳代9名(男性2名、女性7名)、40歳代6名(男性1名、女性5名)、50歳代1名(男性)、60歳代1名(女性)であった。概ね良好な治療反応性がみられた。用量域は100~600mgと個体差が大きく、慎重な用量設定が望まれ、代謝系の副作用として食欲低下、体重減少を認めた例があり、高用量群においては精神神経系・精神運動系或いは運動系の随伴事象の可能性が示唆された。
文献番号 2011292636