ムナカタ ユウタロウ
  宗像 裕太郎
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   講師
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 スタンダードステムとショートステムを用いたTHAの短期成績の比較
掲載誌名 正式名:Hip Joint
ISSNコード:03893634
掲載区分国内
出版社 日本股関節学会
巻・号・頁 45(1),402-407頁
著者・共著者 宗像裕太郎†, 倉光祐二郎, 森田裕司, 岡崎賢
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2019/08
概要 同一術者が行ったanterolateral-supine MIS approachの初回THAで、1年以上経過観察した連続120関節を対象に、スタンダードステムを使用した60関節(A群)とショートステムを使用した60関節(B群)に分け、短期成績を比較した。その結果、A群で平均手術時間が有意に短かった。平均術中出血量、術前後のJOAスコア、合併症の発生率に有意差はなかったが、JOAスコアは全例が術前後で有意に改善していた。X線学的評価では、stress shieldingはA群では小転子の遠位まで進展し、B群では小転子の近位に限局したものが多くみられた。Radiolucent lineはA群ではステムの近位、B群ではステムの先端に多くみられた。3mm以上のradiolucent lineはA群でのみ認められた。Cortical hypertrophyや3mm以上のstem subsidenceは有意差がなかった。ショートステムはスタンダードステムに比べ近位での荷重伝達を実現し、短期成績に差はないと考えられた。
文献番号 2020110479