カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 子宮筋腫から発生したと考えられた子宮平滑筋肉腫の1例
掲載誌名 正式名:東京産科婦人科学会会誌
ISSNコード:21860599
掲載区分国内
出版社 (一社)東京産科婦人科学会
巻・号・頁 62(2),299-303頁
著者・共著者 大垣 洋子, 竹内 亜利砂, 高野 恭平, 大西 賢人, 中西 美紗緒, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹, 峰 宗太郎
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2013/04
概要 子宮平滑筋肉腫が筋腫から発生する率は0.13〜0.29%とされ、その報告は少ない。今回、子宮平滑筋腫から平滑筋肉腫が発生したと考えられる1例を経験した。症例は50歳、0回経妊で、10年以上前に子宮筋腫を指摘され経過観察されていた。貧血と腹痛の精査目的に当科紹介受診し、精査にて子宮平滑筋肉腫の可能性も否定できなかった。腹式単純子宮全摘出術を施行し、病理所見では子宮の平滑筋腫結節内に平滑筋肉腫を認めた。免疫組織化学検査ではKi-67の発現は平滑筋肉腫のみで認められ、α-SMAは平滑筋腫のみで発現が認められたが、他の免疫組織化学所見は両者で一致し、両者の境界部ではこの2点の特徴を持つ細胞が交錯して存在した。追加手術および化学療法・放射線治療を施行するも、骨盤内再発および骨転移増大を認め、初回手術後6ヵ月で緩和治療目的に転院となった。経過より、平滑筋腫が平滑筋肉腫の発生母地となった可能性があり、希少な症例と考えられた。(著者抄録)
文献番号 2013353076