カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 当院におけるHIV感染妊婦37例の臨床的背景と周産期予後の後方視的検討
掲載誌名 正式名:日本周産期・新生児医学会雑誌
ISSNコード:1348964X
掲載区分国内
出版社 (一社)日本周産期・新生児医学会
巻・号・頁 47(1),73-77頁
著者・共著者 中西 美紗緒, 水主川 純, 定月 みゆき, 箕浦 茂樹
担当区分 2nd著者
発行年月 2011/05
概要 HIV感染妊婦34例37分娩の背景や母子の周産期事象について、後方視的に検討した。合併感染症としてHBV 3例、HCV 1例、トリコモナス1例、クラミジア2例、尖形コンジローマ1例、カンジダ13例を認めた。妊娠中に発症したAIDS関連疾患としてクリプトコッカス髄膜炎を1例認めた。妊娠中のARTのレジメンで、単剤または2剤投与例は4例で、33例は多剤併用療法が施行された。治療効果について、ARTを妊娠中期以前に開始した群28例(A群)と妊娠後期以降に開始した群7例(B群)に分けた。A群の分娩前CD4数は治療前CD4数より明らかに増加した。分娩前母体HIV RNA量50コピー未満に達した症例数は、A群は23例、B群0例であった。分娩時母体へのAZT投与は36例に施行し、児へのAZT投与・断乳は全例に施行した。現在までに胎内感染が推測される母子感染例を1例認めた。
文献番号 2011214207