カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 von Recklinghausen病(神経線維腫症1型)合併妊娠の1例
掲載誌名 正式名:日本周産期・新生児医学会雑誌
ISSNコード:1348964X
掲載区分国内
出版社 (一社)日本周産期・新生児医学会
巻・号・頁 46(3),863-866頁
著者・共著者 水主川 純, 定月 みゆき, 中西 美紗緒, 箕浦 茂樹
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2010/08
概要 37歳(0経妊0経産)。患者は他医でIVF-ETにて妊娠成立し、妊娠7週2日目に、著者らの施設へ紹介となった。受診時、全身には数年前からの褐色色素斑と皮下腫瘤が認められ、28週目頃からは皮下腫瘤が増加、増大傾向を示した。皮膚科で診たところ、褐色色素斑はカフェ・オ・レ斑で、皮下腫瘤は神経線維腫NF1(神経線維腫症1型)が疑われた。一方、33週5日目からは妊婦健診で妊娠高血圧症候群が指摘され、入院後は降圧薬投与で血圧の安定を行っていたが、尿蛋白は3.1g/日であった。以後、34週2日目に硬膜外麻酔併用腰椎麻酔下にて帝王切開が行われ、あわせて皮下腫瘤の生検も行われた。その結果、娩出された児は2139gの女児(Apgar score9点/9点)で、カフェ・オ・レ斑は認められなかった。母体血圧の方は降圧薬の非使用で正常化し、尿蛋白も陰性化がみられた。また、皮下腫瘤の病理診断はやはり神経線維腫であり、NF1と確定診断された。尚、児はNICU入院後、経過は良好にて日齢16に退院となった。
文献番号 2010340354