カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 診断に苦慮した後腹膜発生の粘液性境界悪性腫瘍の1例
掲載誌名 正式名:日本産科婦人科学会東京地方部会会誌
ISSNコード:02885751
掲載区分国内
出版社 (一社)東京産科婦人科学会
巻・号・頁 58(1),27-31頁
著者・共著者 池田 悠至, 中西 美紗緒, 岡 朱美, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹
発行年月 2009/03
概要 後腹膜より発生する腫瘍は非常に稀である。卵巣腫瘍と鑑別困難なことが多く、最終的には治療を兼ねた診断として手術が選択されることが多い。今回我々は術前診断に苦慮した後腹膜発生の粘液性境界悪性腫瘍を経験したため文献的考察を加え報告する。(著者抄録)
文献番号 2009218655