カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 原著
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 当科における卵巣外原発性腹膜癌6症例の検討
掲載誌名 正式名:日本産科婦人科学会東京地方部会会誌
ISSNコード:02885751
掲載区分国内
出版社 (一社)東京産科婦人科学会
巻・号・頁 56(4),400-403頁
著者・共著者 中西 美紗緒, 清水 美和, 大垣 洋子, 岡田 朋美, 山本 直子, 岡 朱美, 水主川 純, 桝谷 法生, 定月 みゆき, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹
発行年月 2007/12
概要 卵巣外原発性腹膜癌(extraovarian primary peritoneal carcinoma:EOPPC)は、腹膜に多発性の腫瘍を認めるが、卵巣には微小な悪性所見のみまたは、全く病変を認めない場合に診断され、その組織像は卵巣の漿液性乳頭状腺癌に類似している。今回、卵巣外原発性腹膜癌と診断された6例について検討し、その治療法と予後について考察した。全例が初回治療として術前化学療法を施行後、開腹術、術後化学療法を施行した。術前高値であったCA125値は速やかに低下し、画像上、腹膜播種病変の縮小を認めた。術前化学療法の奏効により全例でoptimal cytoreductive surgeryを遂行することができた。腫瘍縮小効果を目的とした術前化学療法を施行することが、optimal surgery遂行に有用な可能性があり、今後、術前化学療法の意義を含めて治療法の検討を行う必要がある。(著者抄録)
文献番号 2008093472