カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 遺伝性巨大血小板血症を合併した卵巣線維腫の1例
掲載誌名 正式名:日本産科婦人科学会東京地方部会会誌
ISSNコード:02885751
掲載区分国内
出版社 (一社)東京産科婦人科学会
巻・号・頁 51(1),42-44頁
著者・共著者 水主川 純, 山本 阿紀子, 伊藤 めぐむ, 服部 里佳, 堀川 隆, 川野 由紀枝, 永松 あかり, 小石 麻子, 中江 華子, 井上 潤, 五味淵 秀人, 箕浦 茂樹
担当区分 筆頭著者,責任著者
発行年月 2002/03
概要 64歳.遺伝性巨大血小板血症の診断で血液内科で経過観察中,血小板数は自動測定で1〜3×10^4/μlで推移しているが,出血傾向はなく,検診で卵巣腫瘍を指摘された.内診で手掌大腫瘤を認め,CT及びMRIで骨盤内に径10cm大の辺縁整な充実性腫瘤を認めた.腹式単純子宮全摘,両側付属器切除を施行し,病理診断は左卵巣線維腫であった.術前血小板数は自動測定で1.6×10^4/μl,目視法で4.6×10^4/μlあったが,術中,止血に難渋しなかった.術直後,濃厚血小板を20単位輸血した.術後経過は問題なく,術前に血小板機能,臨床的出血傾向の有無,止血凝固能を把握することで手術,術後の管理が可能であった
文献番号 2002234450