タバタ ジユンコ
  田幡 純子
   所属   看護学部 看護学科
   職種   講師
論文種別 その他
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 女性の疲労と睡眠
掲載誌名 正式名:更年期と加齢のヘルスケア
ISSNコード:1347801X
掲載区分国内
出版社 更年期と加齢のヘルスケア学会((NPO)更年期と加齢のヘルスケア)
巻・号・頁 15(1),203-207頁
著者・共著者 田幡純子†
担当区分 筆頭著者
発行年月 2016/06
概要 疲労を実感し、疲労や睡眠について談議することを目的にラウンドテーブルディスカッションを行った。女性の疲労しやすい理由、疲労の定義と測定、疲労と睡眠の関係について情報共有したのち、疲労感VAS(Visual Analogue Scale)と唾液アミラーゼを測定し、参加者自身の疲労を実感した。その測定値や経験をもとに、測定した感想や測定結果への感想、疲労回復の方法などディスカッションした。参加者は14名(女性13名、男性1名)だった。疲労や睡眠に関心を持ち、自由意志で参加した。参加者の疲労感VASは4〜82mm/100mm、唾液アミラーゼ値は3〜107kIU/Lだった。ディスカッションでは、疲労感と疲労の違いを感じた、思いのほかストレス度が低かった、予想通りで睡眠不足が影響しているなど、感想や意味づけを互いに述べ、自身の疲労回復の為に行っている方法を紹介し、取り組んでいる活動について情報提供された。(著者抄録)
文献番号 2016289371