ミナミ ユウイチロウ   Yuichiro Minami
  南 雄一郎
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)
   職種   講師
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
招待の有無 招待あり
表題 【Clinical Scenarioによる急性心不全治療】 Clinical Scenario 起坐呼吸を呈する急性心不全 急性心不全治療における硝酸薬とニコランジルの使い方
掲載誌名 正式名:循環器ジャーナル
略  称:循環器ジャーナル
ISSNコード:24323284
掲載区分国内
出版社 (株)医学書院
巻・号・頁 65(1),36-42頁
著者・共著者 南雄一郎†
発行年月 2017/01
概要 <Point>本邦の急性心不全治療ガイドラインにおいて,硝酸薬およびニコランジルを含む血管拡張薬は,CS1の症例に対する第一選択薬とされている.ニトログリセリンは降圧効果に優れ,著明な高血圧を伴う急性肺水腫の症例に対して,切れ味鋭い効果が期待できる.硝酸イソソルビドは剤型が豊富で,過度の降圧や反射性の頻脈などを来しにくく,非常に使いやすい薬剤である.ニコランジルは耐性が生じにくく,心拍出量を増加させるため,治療に時間を要する虚血性低心機能症例で,その効果が期待される.(著者抄録)
DOI 10.11477/mf.1438200007
文献番号 2017197939