(最終更新日:2017-12-07 11:48:03)
  ヤギ ジユンジ   YAGI Junji
  八木 淳二
   所属   医学部 医学科  微生物学免疫学
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  看護の医療対話 実習「人間関係教育と行動科学テキストブック 第2版」 2015/04
2. 部分執筆  11. 看護の医療対話 実習「人間関係教育と行動科学テキストブック」 2014/04
3. 部分執筆  自己免疫性膵炎の病原因子の可能性としての共生細菌の関与の検討「ゲノム情報の臨床応用」 2013/07
4. 部分執筆  マウスモデルを用いたNAFLDの病因・病態解析について「東京女子医科大学総合研究所紀要32」 2012
5. 部分執筆  マウスモデルを用いた、細菌暴露により誘発される原発性胆汁肝硬変様の自己免疫性胆管炎と多臓器の上皮障害の検討.「消化器疾患におけるエピゲノミクスとゲノミクス(第16回 浜名湖シンポジウム)」 2009
■ 学術雑誌
1. 原著  Meta-analysis of fecal microbiota and metabolites in experimental colitic mice during the inflammatory and healing phases 2017/12
2. 原著  Effect of Lipopolysaccharide on the Progression of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in High Caloric Diet-Fed Mice 2016/02
3. 総説  自己免疫性膵炎の動物モデル 2015/02
4. 原著  Effects of protein tyrosine phosphatase-PEST are reversed by Akt in T cells 2014/12
5. 原著  B7h triggering inhibits the migration of tumor cell lines. 2014/05
6. 原著  In Vitro Assessment of IL-4- or IL-13-Mediated Changes in the Structural Components of Keratinocytes in Mice and Humans 2014/05
7. 原著  Identification of commensal flora-associated antigen as a pathogenetic factor of autoimmune pancreatitis 2014/03
8. 総説  自己免疫性膵炎と共生細菌 2014/02
9. その他  マウスモデルを用いたNAFLDの病因・病態解析について 2013/11
10. 原著  Differential induction of IL-17, IL-10, and IL-9 in human T helper cells by B7h and B7.1 2013/10
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 東京女子医科大学人間関係教育における「看護の医療対話実習」10年間の総括 (ポスター,一般) 2017/08/19
2. (ワークショップ1 自己免疫性膵炎の病因・病態解明の最前線)細菌構成分子とアレルギーが自己免疫性膵炎の発症に及ぼす影響 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/14
3. Theracurmin®, a highly absorptive nanoparticle curcumin, reduces Th2 inflammatory responses and airway mucus production in ovalbumin-induced murine model of asthma (ポスター,一般) 2017/05/23
4. Modulation of the epithelial inflammatory response with gut commensal bacteria-derived metabolites. (ポスター,一般) 2017/03/26
5. FliC triggers Sjogren syndrome-like experimental sialoadentis in mice. (ポスター,一般) 2016/12
6. Crucial timing of a viral component exposure to exacerbate allergen-induced asthma (ポスター,一般) 2016/09/05
7. Liver senses gut environmental alteration induced by oral pathobionts. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/03
8. 大腸菌由来フラジェリン蛋白は自己免疫性唾液腺炎を惹起する. (ポスター,一般) 2016/03
9. 「キャリアを考えるワークショップ」が女子医学生の将来像に与える影響の検討 (ポスター,一般) 2015/07/24
10. Commensal flora would be silently involved in the pathogenesis of autoimmune pancreatitis and associated diseases (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2015/04/24
全件表示(81件)